小さい文字で罠に落ちる

金利の良さから「しずぎんインターネット支店」の定期預金をしようとした話の続きです。

★過去記事 「退職金は安全第一」

前回のタイトル通り、退職金の半分は投資に廻すつもりはありません。

比較的金利のよい「しずぎんインターネット支店」の定期預金にするために、口座を開設しようとしたのですが…

スポンサーリンク

投資に誘導?!

夫がネットから手続きをして、届いた書類がどうもおかしい。

どの書類を見ても、「投資信託」申込書のためのものばかり。

「?」

申し込みをした夫に尋ねても要領を得ない。

ふだん夫はぬかりない方なんだけど…

「?」のまま、自分でも手続きの画面を見てみたところ

入力画面にこんな表示が

デフォルトで投資信託口座開設が「はい」になっていますもん。

ひっかかりますよね。

別に銀行側の悪意を疑うわけではないけれど…

ここを「はい」のまま流すと、送られてくる書類は「(投資信託取引)ための振替決済口座設定申込書」となるようです。

その書類に聞かれるがまま答えていくと、しずぎんで扱えるラインナップから「あなたにあった投資信託」に申し込み完了。

あとは毎月一定額が引き落とされて、うまくいけば資産が増えている!

なわけないって!

おー危ない危ない

はなから手数料の高い銀行経由で投資なんてする気はありませんから!

やるならネットの証券会社で直にやるわっ(もうやってるし)!

この超低金利のおかげで銀行も大変。

銀行のできる「投資信託」「保険」という手持ちの金融商品に誘い込みたいから必死。

とはいえ、こちらも無防備に引き込まれるわけにもいかないのよ。

というわけで、申し込み時には細部までしっかり読んで申し込みするのが基本中の基本だと改めて思った事件でした。

おかげでちょっとした夫婦げんかになってしまったじゃない(笑)

みなさまもお気をつけて。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする