飼い猫の名前の由来に見栄をはる

この猫の名前はルドルフ。

元野良ネコで保護されていた動物病院で付けられた仮名を、そのまま使っています。

半年もルドルフ、ルドと呼ばれていたようなので、今さら変えても戸惑うかなと思って。

今は「ルド」が定着した呼び名ですが、人に聞かれて「ルドルフ」って答えるのがちょっと恥ずかしい。

だって、これだと思うでしょ?

アニメ映画や絵本お馴染み「ルドルフとイッパイアッテナ」

実際、動物病院で付けたのはこれからだと思います。

が、最近友人に「ルドルフ」の名前を伝えたところ、

「キャバレー黒猫のルドルフ・サリから?」と聞かれました。

黒猫といったらこのポスターが有名ですものね!

画家の名前は「スタンラン」

作品名は「ルドルフ・サリの黒猫巡礼」って言うんですね~

さすがNちゃん!教養ある~!

ルドルフ・サリとは猫の名前ではなく、キャバレー黒猫のオーナーの名前ですが。

そんなことはいい!

日本のアニメ映画より、フランスの世紀末の方がカッコいいもの(笑)

というわけで、我が家の黒猫ルド君の名前の由来は

あのポスターからって、見栄を張ることしました!(誰も聞きゃしないけどね!)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク