無印良品 猫草の発芽率

猫飼いにはお馴染みの無印良品の「猫草栽培セット」

muji猫草

※写真は無印のネットストアサイトからお借りました。

土のかわりに再生粉砕パルプを使用した猫草栽培セットです。毛づくろいと同時に飲み込んだ毛を吐き出させ健康を保ちます。
材質:パルプ原紙、粉砕クラフト、えん麦種子

水を灌ぐと1週間程度で発芽。

うまくいけば10日くらいでボーボー生える。

身体が欲するらしく猫も喜んで?食べること1週間。

そのうち葉の先から黄色くなって、あっという間にみすぼらしくなって捨てる。

捨てるのもごみ箱にポイっと簡単。

2個入って190円。

一週間に一個、水を入れて栽培開始。

生えてきたら、前のものを捨てて交換

こんなサイクルなので、買う時には3パック、4パックとまとめ買いしています。

ただし、毎回うまく発芽すると限らないのが難。

前回のパック分2個は全く発芽しませんでした。

いつもと同じやり方で発芽しないのだから、文句を言ったら交換してくれるかもしれません。

めんどうだからクレームはつけませんが、その間の替えはないので、わたしから猫に謝ってます(笑)

エサと違って、どうしてもってものでないからいい加減。

この発芽しないのが、わたしの経験では10回に一度程度。

猫飼いの皆さんのとこはどうですか?

前回2個発芽せず、今回のは成育悪し、とわたしははずれが続いています(涙)

猫草

放っておいても草ボーボーな季節なんだから、言いわけはできないと思う。

となると、やっぱり不良品率高すぎ、良品計画さん!

手軽な代替商品が無いので、止められない・・・そこにつけこんで、甘くない?

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする