50代顔面分断?! 対策に焦って失敗

同じ歳のママ友とスーパーで遭遇。

久しぶりの立ち話。

でも中身が入ってこない・・・

だって、ショックで顔ばかり見ていたから

・・・ゴメン

ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン全てくっきり。

顔がパーツごとに分断されている・・・

ひどい言い方

再度ゴメン

若い頃は美人だったんだろうなぁと思うと余計に残酷・・・

わたしは美人だったことはないけれど、現状はほうれい線程度で食い止めているかんじ(笑)

でも、やっぱりそのママ友のように頬と顎がはっきり分かれているのかな?

こわっ

最近肌のたるみは気になるし、ますます落ちていくんだろうと思うと焦りは募る一方よ。

コラーゲンかヒアルロン酸サプリを真剣に検討中(笑)

衰えをメイクで補正

根本的な対策(サプリとか美容レーザーとか)も必要だけれど、同時にメイクの補正で小手先からの対策も必要かも。

先日の「あさイチ」の「肌の更年期特集」でのメークアップアーティストの山本浩未さんのことば

「年齢肌は隠すのではなく誤魔化す」

年齢肌は影ができやすいからその対策が肝心。

番組はそのテクニックを教えてくれる内容だった。

確かに若い子のふっくらお肌と違って、肌色自体もくすんでいるうえ、くま、シワ、たるみで顔には凹凸が・・・

それはまさに自分事として直面している。

それで番組を視る前から、できる対策はしているつもりだった。

予算が無いから大したことはできないし、すぐ忘れるけれど(笑)

番組のなかで山本浩未さんが言っていた「ほうれい線の影を消すよう明るいコンシーラを塗る」というのは、似たようなことを「すでに取り入れている」つもりでいた。

資生堂プリオールのチークは、まさにこの理屈での使い方を提案しているので。

関連過去記事→ 「年齢肌は隠すのではなく誤魔化す」

が、ママ友の衰え(ゴメン)に刺激を受けて、一歩進めて山本さんのハウツーを取り入れてみようと思いました。

それくらいショックだったの。

で、その日のうちに買ってきましたよ。

「明るめコンシーラ」

コンシーラ

しかし結果は・・・

即使ってみて、「少しは改善できたかしら」と思っていたところ、

姉からきつーい指摘を受けました。

改善どころか、悪目立ちしていたみたい。

そんな哀しい話は次回に・・・続きます。

「ほうれい線にコンシーラー」効果的な使い方も調べたので次回ご一緒に。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする