食用油の棚卸

身体に良いと聞いて取り入れたもの

最近だとアマニオイルとココナッツオイル、あと米油

油ばっかりですね。

去年あたりはホットな話題だったから(笑)

オメガ3とか6とか9とか。

トランス脂肪酸やら酸化油の害とかいろいろ。

最近はあんまり聞きません。

それでもブームで知って定着したものはあります。

我が家でもキャノーラ油とオリーブオイルばかりだったのから、ずいぶん変わりました。

スポンサーリンク

アマニオイルと米油は定着

アマニオイルは高価なので、毎回値段に躊躇しながらもリピート買い。

オメガ3ってやつの健康効果を信じて、生食サラダ用に使っています。

ちなみにアマニオイルってホントに酸化が早いです。開封後一か月もたずに臭くなる。

だから、これまた割高になる気がしますが、酸化防止効果のあるボトルを選んでます。

臭くなって捨てるよりずっといいから。

関連記事 → 「アマニオイルは保管に注意」
 「アマニオイルは加熱料理に使ってはいけません」
 「ドレッシングを買わない生活」

それから天ぷらには米油が良いと聞き、サラダ油からチェンジして継続。

今さらだけど、サラダオイルは名前の通りサラダ=生食用で、加熱料理には向かないそう。

何十年もサラダオイル=天ぷら油だと思い込んでいましたよ。

ココナッツオイル使っている?

問題はココナッツオイル。

調理用の油に置き換えれば、なんにでも使えると聞くものの・・・

やっぱり特有の甘い匂いのせいで、総菜用には抵抗がある。

ので、結局クッキーを作ったのと、あとはフレンチトーストのときとタイ風カレーを作った時に使ったくらい。

ココナッツオイル

405g入りビンの購入から半年

まだ半分くらい残っている・・・

これまでは冬→春で低温保管もできているから、酸化した匂いもなく分離もしていない。

もっともココナッツオイルは25度で液体、それ以下で固体であるのが自然なので分離という言葉はあたらないかも。

それにしてもそろそろ使いきりたいところ。

“揚げ物や炒め物などの料理に、バターの代わりとしてパンやお菓子に、またコーヒー・紅茶などに入れても美味しくお召し上がりいただけます”とラベルにはあるけれど・・・

バゲットにオリーブオイルの習慣がやっと根付いてきた昭和な人間にとって、パンにココナッツオイルはまだまだ敷居が高い。

コーヒー紅茶に入れるなんて、おばちゃんムリ(笑)

となると地道に料理用とお菓子かな~

酸化する前に使い切りたいけれど、難しい・・・かも。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク