パイン材テーブル天板のメンテナンス

我が家のダイニングテーブルは25年モノ

当時流行っていた無垢のパイン材の天板です。

ブログに載せる写真を撮るようになって気づきました

「汚い」って。

で、思いたって、紙やすりでこすってみると・・・

天板60番やすりかけ

↑ 上半分がやすりをかけたところ

明るい地の色が出てきて、

いかに汚れが染み込んでいたかわかりましたっ!

その上全体に傷も目立つ。

気が付き始めると、もうそのままではいられない。

ということで、新たにやすりを買い込み、全面的に削って、ワックスを塗ってみることに。

やり方は検索するまでもないですが一応ね。

まずは60番から80番くらいの荒いやすりでこする。

その後徐々に細かいものにして、最後に320番くらいまで上げて、表面を滑らかにしたら、『ワトコオイル』というものを二度にわたって塗布する。

それでやってみようと思います。

早速近くのスーパーで買ってきたやすり。

紙やすり

しかし一番荒い60番のやすり2枚はあっという間になくなってしまいました。

まだ天板全体の四分の一も済んでいないので、この4倍くらいは必要。

楽天お買い物マラソンも始まったので、ワトコオイルと一緒に購入しようと思います。

ホントはドレッサーとか電動サンダーとかいう工具を使いたいところですが、たぶん今回一回限りのことになので、地道にシコシコ削ろうと思います。

ちなみに、紙やすりは写真のように四角い箱状のものに巻いて使うと、平行が保たれるうえに力も分散してやりやすいようです。(←割と器用な旦那情報)

『80歳のおばあさんがお嫁さんのように蘇る』

コレ、子どもの頃みた桐のタンスのメンテナンス屋さんの広告(笑)

失礼っていえば失礼なコピーですけど・・・

それくらい劇的に蘇ることを願って、頑張ってみようと思います!

やりだしたら結構面白い!

早くやすりが届かないかな。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク