大学受験高3時にいくら使うか

先日の「学資保険300万じゃあ絶対足りない」の続きです。

事前の用意があろうとなかろうと、大学の授業料は確実に払わなければならないお金ですね。

それに対して、どれだけかけるかを決められるお金に、塾代というのがあります。

コレ選択の余地があるだけに・・・悩ましい。

問題集の購入など最低限に抑え、限りなくゼロに近づけることも可能。その反面かけようと思えば、一級の家庭教師などを頼んで天井知らずというのも本当のところ。

しかも、こればっかりは状況次第。

実際に子どもが高3にならないと、どこまで必要と思うかわからない・・・と思います。

「自学自習」は 貴いけれど

ヘタレ高校生の我が家の娘ときたら・・・

塾に頼りたい派

過去高校受験のためにいった塾が性に合い、成績を伸ばしたことも、塾に頼りたい理由のひとつになっているようです。

そのうえ、

『大学受験は情報戦』だなんて知ったような気になっているバカ親子。

『高校入学以降下降気味の成績をどうにかしたい』と、塾に通いたい娘。

『プロに任せて効率の良い勉強をすべきだ』と思う親。

まさに予備校のカモですね(笑)

半分子どもの高校受験と違い、より大人になっているわけだし、

『自学自習』が貴いのは言うまでもない。

今後の人生を考えたら、『自らの学力と実力を見極め、対策を練り、地道に努力するのがいい』のに決まっているけれど・・・



塾代の見積もりは100万円?!

娘の高3一年間にかかりそうな、塾代はずばり100万円。

これは年間(8か月)を通じて、数学・英語・物理の各週一の授業を取り、夏期・冬期講習、センター後の二次対策の講座を取った場合の金額を積み上げての概算。

以前からネット検索で把握はしていたけれど、高3を迎える今になって、『本当なんだな~』と実感。

(大学受験 予備校 費用比較のワードで検索しての結果は→こちら

今のところ我が家ののスタンスとしては、『自分で考えて、やりたいようにやりなさい』。

予備校の料金表は本人にも見せ、『何コマ受講すれば、月にどれだけかかるか』、『季節講習をとれば累積してどれくらいになるのか』は意識するようにさせてはいますが。

それでも『甘い』のは重々承知。

娘本人も『申し訳ない』気持ちはあるようですが、『止めることはできない』というのが本音のよう。

もちろん塾に行ったからといって、集中して勉強しているとも思えない。

だというのに親としては出せるお金は出して、せいぜい本人に頑張ってもらう。

これって、後から考えたら、一番ダメなパターンなのでしょうか?

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする