学資保険300万じゃ絶対足りない!

同じようなタイトルのブログを拝見しました。

内容そっくりの記事をアップしようとしていたところだったので、

「そのとおり!」と膝を打ちましたよ。

内容はタイトル通りで、学資保険300万じゃあキビシイってこと。

スポンサーリンク

自宅からの国立の場合のみ

我が家も一人娘のために18年前に郵便局の学資保険300万に加入しました。

一人っ子だし、高校までは普段の家計から捻出できると思い、300万は大学用です。

当初の300万の設定は「なんとなく」という理由からですが、

その後ざっくり調べて、この金額がどういうものかはわかっていました。

どういうことかって、こういうこと

↓  ↓  ↓

300万で収まるとしたら、自宅からの国立大学進学の場合のみ。

内訳を含んだ内容の記事を過去にも書きました。

→ 「学資保険 300万で足りるのか」

800万コースが現実?!

娘も来月から高校3年生。

いよいよ大学にかかる費用も現実味を帯びてきました。

今のところ挑戦したいのは自宅外の国立らしい。

首都圏住まいで、通える大学は多数あるけれど。わたしも夫も自宅外から大学に通った手前、本人が望めばノーとは言いづらい(笑)

自立のためにも、早めに一人暮らしをさせたいという思いもあります。

挑戦校のサクラが咲いたら、一人暮らしの準備と仕送りで500万くらい?

となると学費と併せて800万円!

もし、挑戦しても残念だった場合の、私立大学進学だと、理系ゆえ学費だけで540万!

ひえ~と、どっちにしても300万じゃ全く足りない!

ははは・・・と笑うしかない・・・

しかも理系って大学院に進むことも充分あり得るわけで・・・

そこの銭勘定は怖いのでペンディングとして(笑)、

というわけで、学資保険300万円で賄うのはラッキーな場合のみです。



教育費4000万超え?!

冒頭触れた方のブログで『4000万超えるの?』という内容の記事も拝見しました。

お二人のお子さんに対して、小学生の習い事から大学院までトータル4000万の計算という内容。

このブログ主さんは賢明で現実的な記事をアップされてる印象ですので、噛みしめて読ませていただきました。

我が家の娘も四月から高校三年生。

大学に入ってからのことよりも、まずはこの一年頑張ってもらわねば。

それにかかる費用については、これまた侮れない・・・

というか、こここそ知っておくべきだと思います。

というわけで、次は受験生にかかるお金については → こちら

→  「大学受験 高3時にいくらかけるか」

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク