ふんわりチーズスフレのコツ

スフレチーズケーキ

スフレタイプのチーズケーキを焼きました。

生クリームを入れてしっとり焼くニューヨークタイプに対して、

メレンゲとヨーグルトで作るサッパリ軽いチーズケーキです。

ふんわり焼き上げるコツは、メレンゲの作り方にあり。

メレンゲはできれば、機械でなく手で泡立てたほうが良いそうです。

その方が消えにくい腰のあるメレンゲになるとか。

しかし、それって大変すぎる・・・

ので、わたしはもっぱら電動泡だて器を使います(笑)

その場合のコツは、高速で泡立てた後 最後に30秒ほど低速にすること。

これで状態が落ち着き、『生地と混ぜる際に泡が消えにくい』らしい。

確かに焼き上がりはぷっくり膨らみました。

上の写真は冷蔵庫で冷やした後、粉糖を振りかけたもの。

食感は焼きあがったときのふんわりではなく、プリンのように滑らか。

レモン風味のサッパリひんやり春の空気のようなお味です(笑)

そうそうこのレモンは絶対生のレモンを使うべし!

ノンワックスの国産だと、一個180円くらいでお高いのが難ですが・・・

果汁だけでなく、皮も摺り下ろして加えるとグッと深みが増します。

そのために必要なのはmicroplane ↓

レモン皮摺り下ろし

他はともかくレモンの皮の摺り下ろしには絶対コレ!

これを買ったときの話はこちら

→ 「暮らしの手帖の商品テストで選んだおろし金」

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク