今年の花粉症は手強い

子どもの頃からひどい花粉症でしたが、10年ほど前「減感作療法」で克服しました。

この「減感作療法」とは、対処療法ではなく、唯一花粉症の根治治療の有効性が認められている保険適用のものです。

それについては→「舌下免疫療法体験記」

この治療、今は手軽になりましたが、わたしが受けたのは10数年前。

3年にわたって注射に通うという、痛いうえに通院の時間がかかる難儀なものでした。

それでも、ホントに花粉症の症状が出なくなって全く後悔はしていないのですが・・・

それなのに、今年の花粉はひどい!

この一週間、目が痒いです。

花粉が飛んでいるのが見える気がするほど。

外出時にはマスクが必需品となりました。

この感覚は数年ぶり。

以前の100分の1程度の症状だけど(笑)

しかし、去年までは全く消えていたのに、

・・・治療の効果が薄れている?

いや~花粉症でなくても、こんだけ飛散していたら物理的に(?)、異物にさらされて具合も悪くなる・・・

ということだと信じたい。

それほど今年の花粉飛散は手強いように思います。

こういうひどい年には、許容量を超え、これまで大丈夫だった人も発症することが多いとか・・・どうぞ、皆さま自衛に怠りなく!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク