素肌しずくジェル 沁み込むしみこむ

素肌しずくジェル使用一か月

「素肌しずく」オールインワンジェル

使い始めて一か月

イイ感じです!

安価プラス効果(たぶん・・・)のおかげで人気の「素肌しずく」

わたしも化粧水を気に入って、1年前から使っているのですが、

その後も「ぐんぐん種類が増えているなあ」とこちらのジェルも買ってみたのが前回の記事

「素肌しずく増殖 どんだけ~」

ジェルを使い始めて一か月たちましたので、使用感レポします。

化粧水に大金は無駄だから!

店頭での第一印象は安っぽいということ(笑)

ドラッグストアや量販店に並んでいるプチプラコスメの類ですから、これはあたりまえ。

このシリーズ、一緒に並んでいるのはロート製薬肌ラボの「極潤」シリーズとかの大衆向け。

パッケージも似ていて間違えそう。

おそらく値段も、効き目を大差ないんじゃないかな。

プチプラ どれも1000円くらい。

50代ならマダムでなくて、教育費に追われるフツーの主婦がターゲット。

ならばわたしにドストライク!

って、自虐で選んでいるわけではありませんよ(笑)

「化粧水に大金は無駄」だと思っているので、このラインで充分と思っています。

その理由は何度か書いています。こちらをお読みください。

→ 「目指せマイナス10歳肌 美人に化粧水は要らない?!」

大切なのはむしろ「余計なもの。変なものが入っていない」こと。

ここがポイントで選んでいます。

「素肌しずく」を選ぶ理由はまさにこれ

→ 「かずのすけの本を読んでとりあえずコレ買っとこと思った化粧水」

使いココチはジェルに軍配

本題のジェルの使い心地です。

ずばり、同シリーズの化粧水以上。

もともと「素肌しずく」シリーズの化粧水は、やや粘度があるしっとりタイプ。

皮脂をふきとるような、あるいは毛穴を引き締めるようなさっぱりタイプの化粧水ではありません。

「しっとり」の使用感も良くて選んでいたわけですから、より「しっとり」感が得られるジェルは評価が高い。

特に冬から春先の乾燥季節にはありがたい。

使用量は真珠1~2個とありますが、貧乏性のわたしの真珠は小粒かも(笑)

それでも2個分も塗り拡げたら、顔中しっとりになります。

大粒パールだったら、どれだけかしら(笑)



コスパ最高!惜しげなく使います

100g入りで1500円の定価。

惜しげなく使っているつもりですが、一か月使用でまだ半分以上残っています。

なんてコスパが良いのでしょう!

ただし、安いだけあって容器だけでなく、ジェル自体も安っぽさは否めない(笑)

匂いも全く癒されないし(笑)

お肌の手入れに癒しとか、ゆったり感なんかを求めている方には不向き。

人工的ないい匂いすらついていない(笑)

でも、そんなものは元から要らないからそれを良しとします。

合理的にちゃちゃっと済ませたい方には、化粧水のようにダレないし、顔全体に広げるのも、集中的に塗り重ねるにも、量の調節もしやすくて楽ちんです。

と、そんな感じでわたしとしては「お薦め」品です。

余計なものが入っていなくて、とりあえずのしっとり感が得られる。

素肌しずくジェル1

パッケージに書かれた有効成分はすごいいっぱいだけど、その効果には多大な期待はせず・・・

(成分についてはこちらの過去記事 →「素肌しずく増殖 どんだけ~」)

今回の記事の最初に戻るけれど、化粧水に大金は無駄無駄(笑)

となればこれで充分だと思います!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする