年齢を自覚して、プリオール購入

50歳を超えていますが、見た目の肌年齢はマイナス10歳

厚かましいけど、シワは無いし乾燥肌でもない。

くすみもシミも無い!

生まれ持っての遺伝的要因+定期的に美容レーザーを受けるなど投資もしているからね。

とはいえ、その効果も薄れてくるのが50代(泣)

最近ほうれい線が気になります。

全体的なたるみもでてきた・・・

弱った心にプリオール

というわけで、心が弱っています・・・

そんなときに目に入ったプリオール

「大人の七難 すんなり隠す」というコピー

無視できません。

これまで年齢を考えてメイク用品を買ったことはありません。

年齢は意識するけど、それより時代遅れの顔にならないように気を使ってきた

が、「ほうれい線を隠す」のが主コンセプトのコピーが心の隙間に入ってきましたよ(笑)

プリオールチーク

プリオールのチーク

「影を消して色つやオン。フワッと上向きのほお」ですってさ(笑)

使い方は、ハイライト的な白のパウダーを

ずばり「ほうれい線の影につける」と書いてあります。

年齢肌用化粧品を受け入れるのって、ちょっと辛くてすごく切実。

若い方からみたら、50女が何言ってんだかってことでしょうが、同世代ならわかりますよね。

確かに同世代の顔って影が多い!

シワもたるみもすべて影を作っているから、なんとなく若い時より彫が深くなったようにも見える(笑)

若い子って、痩せていても肌はふっくらしているものね・・・

メイクで少しでも修正できるんだったらすがりたい(笑)

心が前向きになったら、メイクで隠すのではなく、肌に直接働きかけるカンフル剤的な解決法を探ってみようと思います。

でも今は、存在感を主張し始めたほうれい線に心が弱くなっているもんで・・・

まんまとプリオールのコピーに取り込まれちゃいました(笑)

・・・使ってみての感想はまたご後日!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする