お菓子を止めたい方に!ショック画像

お菓子の食べ過ぎ

良いことなんて一つも無い。

それでもやめられない。

袋菓子をバリバリ食べるタイプではありません。

家に市販のお菓子を常備したりはしません。

大人女子の嗜みとし(笑)名店スイーツは食べたいタイプ。

さらにタチの悪いことに、お菓子作りが趣味(笑)

今日も作りましたよ~

レーズンバタークッキー

レーズンバターサブレ

見た目はまだまだですが、おいしいですよ~

六花亭のマルセイユクッキーよりも、小川軒のレーズンサブレよりおいしいと思っています

自画自賛!

で、本日のタイトルですが、これを見たら、ショックでお菓子を食べられなくなるというショック画像

↓  ↓  ↓

バター100g

直径5.5センチのレーズンバターサブレを10個作るために使うバターです。

100g

つまりスーパーで売っている200gのバターの箱の半分は一度に使うわけ。

ね、これを見たらしばらくクッキーなんて食べられないでしょ!

比較のためのペットボトルのキャップ

サブレ1個にこのキャップの2個分くらいはバターが入っているんじゃないかな。

ついでに砂糖も同じくらい(笑)

バター・砂糖・小麦粉・アーモンド粉・水飴と材料を並べると、

「引くわ~」という量です。

マーガリンはさらに悪い

せめてマーガリンに替えたらって思います?

いいえ、それはもっとヤバい

マーガリンはトランス脂肪酸

トランス脂肪酸が身体に悪いことは最近知られるようになりましたが、

わたしがお菓子作りを始めた理由の一つは、このマーガリンを避けるためでもあります。

市販のお菓子はほぼバターではなくマーガリンが使われています。

多少値段が高いものでも、マーガリンかショートニング。

マーガリンやショートニングは食べるプラスチックとも言われているとご存知ですか?

ちょっと難しい説明ですが、Wikipediaにリンクしますので、興味があれば読んでみてください。→『トランス脂肪酸』

このトランス脂肪酸を摂りたくないから、わたしはお菓子を食べたかったら、自分で作るかそれなりの値段を出して買います。

袋菓子も時々食べますけどね(笑)

バターは置き換え不可。

話は少しずれましたが、

たとえ植物油であっても油は油。

お菓子を作る人は知っている。

そこには途方もない量の油脂と砂糖が入っている!

あの量を直に見たら、ふつうの感覚なら、もう食べなくなると思うんだけど・・・

わたし太るのを気にしているし、健康だって気になる

なのに、作ってまで食べ続ける。

あの量のバターが入っているのに・・・わたしって・・・あきれます・・・

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする