シャンプーで白髪染め『利尻昆布』効果は?

利尻ヘアカラーシャンプ

美容院での白髪染を止めて2か月

50も過ぎたし、そろそろ真っ黒でなくてもいいかと思った次第。

化学薬剤ではなく、『自然派でいこう!』というよくある流れ(笑)

それも『なるだけ簡単に!』 これもアルアル、ですね。

ヘナへの偏見?!

自然派の白髪染なら、まずはヘナと思いますが、周りで使っている人の髪は『オレンジ』。

最初はきれいに染まっているようだけど、ヘナを使い続けていると『オレンジ』が目立ちませんか?

本人はあまり気にしていない(気づいていない)ようだけど、わたしにはその『オレンジ』がいかにもに見えて好きじゃない・・・(←あくまで個人の感じ方)

で、今試しているのが上の写真のカラーシャンプー。

利尻カラーシャンプー&コンディショナー

お得な初回お試しセット使用中です。

使わないよりずっとマシ(笑)

これを使う前に『カラートリートメント』の類も試したのですが、時間をおくのがめんどくさくて挫折。

そこで次は洗うだけのカラーシャンプーを試してみようと思いました。

→ 「白髪隠し プリオー(カラートリートメント)は挫折」

時間をおかなくてよい=手間がないぶん『染めの効果も低いだろう』とわかっていても、『楽』に賭けたいずぼらなわたし(笑)

利尻ヘアカラーシャンプ

半月前に届いて、10回程度使ったところ・・・

今の感想は「黒くはならないけれど、使わないよりはずっとマシ」。

白髪の割合が多く、放っておくと生え際から真っ白になりそうなわたしの髪。

それがこのシャンプーだけで、グレーヘアといえるくらいにはなっています。

以前に美容院で染めていた部分がだいぶ残っているので、ぱっと見は黒髪と言っていいと思います。

印象としては黒髪。でもよく見ると生え際は灰色。

境目があまり目立たない。

使い始め5回くらいまでは、「これだけでは無理」と思っていたのですが、その後回をかさねるうちに染まってきて、「白くはない。見えているところは黒いと言っていいんじゃない⁈」と。

わたしの感覚では『いいじゃん!』という感じ。

鏡の前で見れば、光の加減もあってほぼ黒。

遠目に(3メートル先くらいの)鏡に映った姿をみると、やはり生え際、分け目の色は薄め。でも、白髪ではないというかんじ。

シャンプーだけで、これだけ目立たなくなっているのだから「満足」ということにしようと思います。

おしゃれしたいときには、「粉の白髪隠し」でごまかす手段もあるし。

「粉の白髪隠しは優秀だと思う」

2か月前には、お正月前には美容院で全体染めをするつもりでいましたが、このままでもいいかなと思い始めています。

使い続ければ、もっと染まるだろうしね。(←期待!)

とはいえ、突然思いたって、美容院で染めちゃうかもしれませんが・・・とりあえず今のところはカラーシャンプー続けてみます。

ちなみに使っているのは利尻カラーシャンプーの「ダークブラウン」

トリセツ遵守で効果を発揮

10回ほど使って気づいたこと。

整髪剤やクリーム等は一度洗い流してから、カラーシャンプーを使うとよく泡立ちます。

カラーシャンプーは高価なので、これで二度洗いをするのではなく、先に他のシャンプーで軽く洗ってから使っています。

しっかり泡立てて生え際を揉み洗いするといいみたいです。

つまり、製品の説明書を読んで、最初からその通りに使うというあたりまえのことを守ると確かに効果が発揮されます!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする