眼鏡市場で気持ちよくお買い物

眼鏡二個

5、6年使っていた眼鏡が壊れました。

否、壊れそうです。

左のつるのネジ付近に亀裂が入り、すぐにも寿命は尽きそう・・・

近眼、乱視、老眼の三重苦のわたくし、

コンタクトも使うけれど、眼鏡無しの生活はキツイので、壊れる前に買っておこうと、

近所の眼鏡市場へゴー。

スポンサーリンク

丁寧な接客で気持ちよくお買い上げ!

店舗名が眼鏡トップの時代から、我が家は眼鏡市場で購入しています。

ちなみに現会長が創業したときの店名は「正直堂」(←うろ覚えだけど)

わたしだけでトータル5本は買っています(笑)

店舗や店員さんで、当たりはずれはあるでしょうけど、わたしはこれまでずっと「当たり」だったと思います。

もともと「違いがわからない女」で、「てきと~」な性格ではありますが(笑)

そんなわたしの評では、参考にならない?かもしれませんが、

今回の若い女性店員さんも、とても気持ち良い接客をしてくれ、満足なお買い物になりました。

フレーム選びも検眼も、プロの知識をもってかつ親身になってやってくれてたという印象。

わたしの眼鏡の使い方、今までの眼鏡の見えやすさ、疲れやすさなどをいろいろ聞きながら、検眼機であれこれ試したのち、

「近眼矯正は抑えつつ、乱視矯正度を高め、老眼対応部分との差をやわらげた」一本が完成!

ことばに乗せられた感はありますが、遠くも近くもよりくっきり見えながら、疲れにくいう感じで、若い女性の技術に感心!

やっぱり、わたしは若者に甘いのかな(笑)

フレームの修理も

これまでの黒縁眼鏡が気に入っていたので、同じようなデザインにしようと考えていたのですが、壊れかけた眼鏡を見せたところ、部品さえあれば修理可能と言われました。

在庫を調べてくれて、まず弦の部分は取り寄せ可能で、2,430円(修理費込み)。

ただしメインの正面の部品にも、弦と連結する箇所に薄く割れ目が付いているので、修理時に耐えられず割れてしまうかも、とのこと。

割れた場合はそこも取り寄せての交換が必要。

その場合にはメインの部品が4,860円で、併せて7,290円かかるそう。

少し悩みましたが、これまでの眼鏡を直したうえで、せっかくだから全く違うデザインのものを新調することにした次第。

というわけで、くっきり黒縁から、新しいものは極力フレームが目立たないデザインに決めました。

新しいものは、ブルーライト対策の加工もしてもらったので、定価プラス3,800円で、19,440円。

眼鏡にしては安いと思うけれど、古いほうの修理だけにしておいても良かったのにね。

やっぱり「甘い」のかな~(笑)


一週間後、新しい眼鏡を取りに行くと、古い眼鏡用の部品も届いていて、その場で修理してくれました。10分ほどで、左弦の交換だけで完成。2,430円で済みました。良かった~

眼鏡二個

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク