新型aiboからのブレードランナー

新型aibo発売記事

ソニーがイヌ型家庭用ロボット「aibo」の新型を発表しましたね。

人口知能(AI)搭載ですって。

そりゃそうですよね。

これで動作的には、コミュニケーション能力がぐっと深まるんでしょう。

アイボは外見的には、毛皮にしたりせず、わざとロボットらしくしていると思います。

そこの違いはありますが、ロボット動物という点において、

「ブレードランナー2049」が公開されたタイミングで、「電気羊が現実になるんだな~」なんて思いました。

映画「ブレードランナー」の原作はフィリップ・k・ディックの「電気羊はアンドロイドの夢をみるか」。

リドニー・スコットの映画も傑作だけど、原作も好きです。

最近読み返して、グッときました。

新作映画にも大いに期待しています。

原作に30年後は書かれていませんから、ストーリー的には映画独自のものでしょう。

漏れ聞いたところ、新作はレプリカントが生殖能力をもつところがキーになっているとか・・・

「人間とは何か?」「人造人間とは」と深い問いかけになっているのでしょう。

うーん期待しちゃう!

早く劇場に行かなきゃ!

それでなくとも、予告映像でみるハリソンフォードのカッコいいこと!

75歳

ステキ

これぞ生身の男の完成形?!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする