ペットを抱きしめたくなる映画「僕のワンダフルライフ」

犬集合写真

ラッセ・ハルストレム スウェーデンの映画監督

「マイライフ アズ ア ドッグ」以来、ほとんど劇場で観ています。

ファンと言っていいかしら(笑)

最新作「僕のワンダフルライフ」(公式サイトにリンク貼りました)

早速観てきましたよ~

わたしは猫派だけれど、ハルストレム監督は完全に犬のヒトだわね。

71歳の監督は「犬の純真さ」を主役にした映画を撮っておきたかったのね、と思える作品です。

スポンサーリンク

不遇をやり過ごすペットに救われる

全ての犬好きにお勧め

涙腺崩壊 間違いなし(笑)

最愛の飼い主に会うために、50年で3回も生まれ変わったベイリー。すべての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー!大ヒット上映中!

主人公の犬は人間でいったら8歳児くらいの知能の持ち主として描かれています。

50年間で何度も生まれ変わって、いろいろ経験を積むけれど、学習として積み重ねられず、ずっと幼いまま。

その姿に救われる思いがしました。

以前飼っていた猫。もちろん可愛がってはいたけれど、人間の事情に合わせてしまったこともあります。
それを「すまなかったな」と後悔することもあるのですが、ペットはそんなときも「深刻に思い悩まず、やり過ごしてくれていた」と思えたら、楽になりますから。

今回は珍しく日本語吹き替え版で観たのですが、犬の声がまさに、どんな場面も深刻にならずにどこか能天気だったのも良かったです。

早く帰ってペットを抱きしめたくなる映画です。

ああ~抱きしめたいよ~

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク