抜歯は入れ歯へのカウントダウン?!

デンタルフロス

先日奥歯を一本抜歯しました。

その時の様子はこちら → 「抜歯の後はコラーゲンパック」

親知らず以外で初めての抜歯

痛さよりも、「喪失感」で心がやられました(涙)

だって、このまま進んだら、「入れ歯」になるかもしれないですもん!

老人のマイナスの象徴、わたしには「入れ歯」です。

わたしたちの親世代 今の70代、80代って「入れ歯」率高いですよね。

わたしの母(80歳)も、ずいぶん前から「部分入れ歯」です。

肉親でも、外したアレをみるとぞっとします。

ましてや「総入れ歯」なんて、ホラーです(笑)

8020運動

入れ歯に頼らず、一生自分の歯で食べたい

ひところよく聞いた8020運動

<参考>厚生省「成人歯科保健対策検討会中間報告」1989年(平成元年)―抜粋―
「残存歯数が約20本あれば食品の咀嚼が容易であるとされており、例えば日本人の平均寿命である80歳で20本の歯を残すという、いわゆる8020運動を目標の1つとして設定するのが適切ではないかと考えられる。」

当時の厚生省と日本歯科医師会が推進していたようですが、最近でも運動は続いているようです。

先ほどググってみると、今は達成率50パーセントほどで、つまり80代の高齢者の半分が20本以上の自分の歯を保っているとか。

うーん、素晴らしい!

といっても、昔はそこまで長生きしなかったし、甘いものも少ないから虫歯もなく、「入れ歯」人口の大量発生は歴史的には一時だけの現象だったのかもしれませんね。

カウントダウンを止めて!

永久歯は親知らず以外で28本。

20本以上というのであれば、8本までは失ってもなんとかなるということでしょうか?

であれば、わたしはあと7本までは・・・なの?

なにはともあれ、入れ歯は嫌!

気持ちの問題だけでなく、その後の健康寿命に直結するという歯の残存数。

今なら入れ歯と言っても、取り外すタイプではないブリッジ、インプラントと選択の余地はありますね。

とはいえ、

ブリッジは健康な歯を削るうえ、死ぬまでもつとは限らず、

インプラントは超高価なうえに、ネジを植え込むなんて怖い!

とにかくこれ以上歯を失うことがないように、歯医者の定期健診と毎日のブラッシングを心がけるしかありません。

現在わたしは3か月に一度は、歯医者に行って、塩水を噴射しながらの掃除や、器具を使ってゴリゴリと歯石を掻き出してもらったりしています。

少しでも怪しい歯があれば、レントゲンをとって状態確認もされます。

費用と手間はかけているほうだと思います。

子どもの頃の不摂生が原因で虫歯の治療痕ばかりですが、なんとかここまでもっているのは、その効果のおかげだと。

歯医者の方針も大切

治療が痛くないのは上手な証拠ですが、

十年来通っている歯医者は、「無駄に削らない」「新しい治療方法の取り入れに熱心」だという点で信頼しています。

年に一度程度、歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)を測っていますが、最近はほとんどの歯で1、2ミリ。

わたし、優秀みたいです!(←自慢)

したくなくても(?)長生きはしてしまう時代。

面倒だけど中年になったら「歯医者でメンテナンス」は必至ですよ~

特に虫歯だらけだった昭和なヒト、

デンタルフロスなんて使ったことのないってヒト、

中年以降で歯を失う原因は、虫歯よりも歯周病が多いとも聞きます。

歯医者でもらったパンフレットに「抜歯しなければいけないのはこんな歯です」という例が載っていました。

歯科医コラーゲンパックのパンフレット

それについてこちら →「抜歯の原因一位は歯周病」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする