森山開次×ひびのこづえ 不思議の国のアリス

不思議の国のアリスパンフ

KAAT神奈川芸術劇場へ「不思議の国のアリス」を観にいってきました。

キッズプログラム

会場には小学生以下の女の子とそのママ多し。

わたしも子連れですよ 高校生だけど

ちゃんと「おやこチケット」買えました(笑)

森山開次版 不思議な国のアリス

「不思議の国のアリス」は、どんな解釈もアレンジも受け入れられる題材だと思います。

今回もダンスありきの構成・演出がしっかりハマって、

登場人物・キャラクターを表現

軽めのお話にうまくまとまっていたと思います。

斬新というほどではないけれど、身体のサイズが伸びちぢみするアリスと空間をダンスを使って表現しているのが面白かったです。

演出・振付が森山開次

ダンサーとして注目されているだけでなく、演出、振付、イラストと幅広い才能の方。

NHK「からだであそぼ」の出演などで子どもたちにも人気のダンサー・振付家の森山開次と、人気実力をかねそなえた、魅力あふれるダンサー&スタッフ陣が「アリス」の世界に勢ぞろい!
世界中を魅了してきたナンセンスで、ユーモアあふれる冒険のものがたりが、美しくて楽しくて、ちょっと怖い・・・こどもとおとなとためのダンスになります。

わたしはケイトブッシュのプロモーションビデオを観た大学生の頃から、ダンスは好き。

今生(←こんじょう)は観るだけだけど、生まれ変わったらダンサーになりたいくらい(笑)

森山開次は前から気になっていたので、生で観れるのを楽しみにしていました。

ただ今回は踊りより、テキストの方が面白かったというのがわたしの感想。

キャラクターや設定の面白さとその解釈・アレンジに自由度が高い、もともとのお話の秀逸さを改めて感じたのでした。

ダンスについては、ダンサーさんの体つきが好みではなかったので(笑)

ついでに金髪にしているダンサーさんの頭 根本の黒いのが見えるのが単純に興覚めだったな。そういうのって、なりきり感が薄れると思う(笑)

それでも創作的なダンスは面白かったし、自分では絶対できない、思いもつかない身体の動きを見るのはとっても楽しものです。

もうひとつの目的だったひびのこづえさんのコスチューム。

ひびのこずえさん 若い頃から目にするたびに「ステキだな」と思うデザイナーさん。

最近の仕事は森山開次さんとのコラボも多いようです。

今回はなんといっても赤の女王の衣装が素敵でアメージング!

動きに合わせた見せ方も効果的でした。

大人も十分に楽しんでいたと思うけれど、付き添いで来ている感のあるママたちより、小さな女の子が目を丸くして観ているところはとっても可愛いし、ふだん見れない小さな子どもの感性に触れられたようで楽しい時間でした。

当日券がある場合は前日夕方HPで知らされるようです。8月6日まで

↓   ↓   ↓

KAATキッズ・プログラム2017 「不思議の国のアリス」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする