医療相談 たらい回しの現実?!

眠たい子犬

昨日書いた「高校生娘の過眠症を疑う」についてのその後です。

「睡眠障害」でネット検索したところ、

どのサイトでも「心療内科」に相談せよとでてくるので、

近くの「心療内科」のあるクリニックに電話してみました。

「心療内科」に断られ・・・

電話に出た受付の女性に「日常生活に不便がでるほどではないし、精神的にも問題無いうえで、本人が日中眠くて仕方ないのを悩んでいる」ということを相談したところ、

電話口で待たされた(その間に医師に相談したもよう)後、

「うちで診るほどのものではないようだから、区役所に相談して」と言われました。

たぶん説明したわたし(親)の話から、深刻度が低いと思われ、そのような返事になったと思います。

それはいいんです。

もっと深刻な症状のある患者さんを多く抱えているのだろうから。

「あたりまえ」だとすら思います。

ただ問題はその後・・・

4度のたらい回し

深刻度が足りないから、ならいいんですけどね・・・

その心療内科で教えてもらった区役所の健康福祉課的なところに電話すると、

男性職員がでて、「保健師が出勤している時間帯でないのでわからない。地域の医師会に聞いて」とのこと。

そこで聞いた電話番号にかけると

受付の女性が

「専門の医師がいないからわからない。区ではなく市の相談窓口に電話して」

そこにかけると

「地域の心療内科の情報は、区がもっているからそちらに」と元の区に戻されました!

これって「たらい回し」だよね・・・

電話の口調は親切だけど

結局は「区役所の保健師在中時間に電話していればよかった」ということでしょうか????

どの窓口の方も丁寧、親切な口調でありましたが、「ただの受付なんでお応えできません」という態度というか立場での回答でした。

そう思うと、丁寧な口調もクレームを恐れてのような気になります。

もっとも電話番の受付なら、医療相談にはのれないだろうし、適当なことを言われても結果困ります。

が、やっぱり深刻な症状に悩んで相談している方だったら、「怒り」を感じてしまっても仕方ないなぁと思いました。

「怒り」ならまだしも、「失望」から症状の「放置」(病院に行く気を無くす)になってしまったら、最悪ですね。

とりあえず内科へ

今回の場合はこちらに気持ちの余裕があったので、最後の市の相談窓口の方に食い下がってみました。

最初に心療内科のクリニックに電話して断られたことを話し、そこからこのように電話をたらい廻しにされている。

紹介された区の○○課が心療内科の情報をもっているのなら、軽い症状でも話を聞いてくれそうなクリニックを紹介してくれることに期待するが、そもそも心療内科には一度断られているので、「血液検査などで原因を探ってくれる内科にかかってもいいものか?」とこちらから聞いてみたところ「かかりつけの内科にいくのがベスト」と言われました。

※睡眠障害にはメラトニンといホルモンの分泌量に左右されることが多いとネット検索で知識を得たので、まずは血液検査からではないかという素人考えからの質問です。

というわけで本日午後、内科に行って相談してみます。

先ほど事前にその内科のクリニックに電話したところ、

「睡眠障害の専門ではないけれど、診察したうえで他の病院を紹介することもできる」という真っ当な受け答えだったので、ここだけで解決しなくても最初の一歩だと思って行ってまいります!

病院に行った報告は → こちら「過眠症の疑いで受診」 から

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする