高圧洗浄プラス重曹 最強説!

半晦日だし(って過ぎているけど)、換気扇掃除をしました。

2,3か月に一度は高圧洗浄機(スチームクリーナ)を使ってやってはいるんです。

20年以上前に買ったエレクトロラックス製

↓  ↓  ↓

高圧洗浄機

非力なりに頑張ってくれているので使い続けています。

これを使って換気扇の金属製フィルター掃除。

15分もやれば、2.3か月分のギトギト油汚れは取れるので良しとしてきました。

貯めた分だけ取れればいいやと、

掃除時間は短く切り上げるのが続けるコツ ←マイルール(笑)

が、が・・・

今回気まぐれに、先に重曹を振りかけてから高圧洗浄機をかけたところ・・・

すごい!

色が変わった!

焦げがみるみる落ちる!

ブログ記事にするつもりではなかったので、最初の真っ黒写真はありませんが

↓  ↓  ↓

換気扇フィルター前

↑これでも15分ほどかけ、半分掃除済

換気扇フィルタ後

↑さらに15分掃除した後

いや~これまで黒い金属板だと思っていたのが、白でした(笑)

みるみる落ちる黒い焦げ!

びっくり~!

というわけで、今回は色が変わっていくのが面白くって30分ほど熱中

あまりに焦げが貯まりすぎていて(だって真っ黒!)、

一回では取りきれませんでしたが、

重曹を使って2,3か月毎の定期的な掃除をすれば、きれいになることでしょう。

落ちた汚れも前回まではギトギト油で、事後の流しの掃除が必要でしたが、今回は取れた焦げプラス油汚れも重曹が混ざることで、サラサラ。

流しは水で流すだけできれいになりました。

なんだか良いことづくめ。

掃除の達人さんには常識かもしれませんが、改めて「重曹強し!」の認識が強まりました!

高圧洗浄機の働きにいまいち不満があったら、プラス重曹、お勧めです。

おそらく油汚れのみにですが・・・

高圧洗浄機

↑ 高圧洗浄機と重曹入れ(赤いキャップは娘のおままごと用品を再利用したもの)

ケルヒャーのコマーシャルを見るたび買い替えを考えていましたが、重曹のアシストでまだまだ使えそう!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする