雨だって外干し!梅雨時の洗濯物

洗濯もの

雨の季節ですが、洗濯ものはどうされています?

私はとりあえず、雨でも晴れの日同様に外に干します。

屋根というかひさしつきのベランダにですが。

テレビの情報番組で、『雨の日でも雨が当たらないところなら、外干しの方が早く乾く』ことを知って以来、『雨でも外干し派』です。

スポンサーリンク

決めては風 体感的にも納得

室内干しはなんといっても、うっとおしい!

しかも意外ですが雨が降っていても、外と室内の湿度は変わらないそうなんです。

だったら、外に干しても同じこと。

それどころか、洗濯ものの湿気でさらに湿度の高まる室内よりも、風のある屋外のほうが湿度が低いことのほうが多いんですって。

確かに梅雨時エアコン無しの室内はどんより、むーっとしています。

対して、雨降りであっても、風のある屋外の空気はひんやりさらっとした感じがしませんか?

私は体感的にも、これに納得しています。

空気の対流が湿度の高まるのを抑え、洗濯ものの周りの空気も滞っていない。

番組では大学教授か企業の研究者かが、測定しながら説明していて外干しの優位性を示していました。

番組名すら覚えていませんが、一度頭でも納得して、刷り込まれた感じです(笑)

ただし、番組で言っていたとおり、ずっと降り続く雨の中に干しっぱなしはNG

湿度が高まり、それ以上は乾かないので室内に。

(雨が吹き込むような場所や日は論外ですが、)

昼に在宅の場合は、

午前中はベランダ下(軒下)、午後にはハンガーのまま浴室に移動。

浴室の換気扇を回し、下からはサーキュレータの風をあてるで、カラリとはいかないけれど、生乾き臭とは無縁に乾かせています。




ちなみにウチのマンションの両隣さんも『雨でも外干し派』です。

近隣にはマンションが多く、晴れの日ならは、洗濯ものが干されたベランダがたくさん見える位置なんですが・・・

雨の日には全く干しているお宅はありません。

なのに、我が家を含む三軒だけは、雨の日もふつーに干してある。

どちらのお宅もずぼらで干しっぱなしというんじゃないんです。

右隣さんは最近退職された夫さんが、左隣さんは元気なお婆さんが、しっかり昼には室内に取り込んでいる模様。

きっと同じような番組を見たんでしょうね(笑)

雨の中で並んだ三軒だけに洗濯物がたなびいている・・・

気づいた人はちょっと「?」かもしれません(笑)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする