サイズを間違えたスプーンと自由が丘のショップ

villeroy&boch スプーン

変な形
でも、これちゃんと意味があるんです。

だってほら  ↓  ↓  ↓

villeroy&boch スプーン2
受皿がなくても、下につかないスプーンです。

villeroy&boch

ドイツの食器メーカーのニューウェイブシリーズらしいです。

ヨーグルトやアイスクリームを食べるときにいいかなと思って衝動買い。

金銀二本ずつ、4本で9,720円!

結構な金額でしたね・・・

でもそれはいいんです。

わかって買ったのですから。

今回やってしまった失敗はサイズ違いを買ってしまったこと。

これは致命的・・・かも。

ほんとはもう一回り大きいコーヒースプーンを買うべきだったのに、エスプレッソ用を買ってしまったようです。

なんだか小さいなぁと思って、メーカーのHPを確認して気づきました。

スポンサーリンク

カフェ併設の雑貨店で購入

ランチで行った店でこれをデザートスプーンとして使っていました。

使った感じもちょうどいい持ち重り

奇抜な格好のようでいて、納まりもいい感じ。

ヨーグルトやアイスクリームなど食べるときに「いいじゃん!」と思い、カフェに併設された雑貨コーナーで購入。

ところが、家に帰って持った感じが、なんか小さい・・・

「あーあ、やっちゃった~」

お店で使っていたのはコーヒースプーンのほうで、もう少し大きかったと思うのです。

わたしが買ってしまったエスプレッソスプーンだと

カフェオレボウルにスプーン

カフェオレボウルに置くとこんなかんじ↑

やっぱり小さいな・・・

まあいいや 使うし・・・

昨日の記事で書いた柳宗理の鍋も、ミルクパンの方はサイズを間違えて買ってしまったものです。返品が面倒で、使ってみたら意外に重宝しているので結果良かったと思っているのですが・・・こんな失敗を繰り返す私です。

50歳を過ぎたというのに、このお馬鹿さは反省しなければいけませんね!

その鍋についてはの過去記事→「柳宗理の鍋 知らずに文句ごめんなさい」
「使い勝手レポ」
   ※間違えて買った失敗談ではなく、柳宗理の鍋の思い込みと使い勝手について書きました。



応援したくなるお店

でもこれはわたしの失敗で、スプーンにもお店にも罪はありません。

お店は素敵なお店でしたよ。

和食器やこだわり食材・調理器具を置いた店。

おしゃれなこだわり雑貨店、自由が丘なんかによくあるタイプの店ではありますが、誠実そうなご主人がいいかんじ。

鼻につかない、のがいいかな(笑)

カフェご飯は割安で美味しい!

自由が丘の「cooking styles」というお店。

場所はあの「黒船」の前。

「黒船」カフェのかき氷の看板が魅力的だったので、「cooking styles」でランチ&買い物をした後、自由が丘を散策。

腹ごなしをしてから、再び戻って「黒船」でお茶してきました。

「cooking styles」にはvilleroy&boch 商品も置いてあります。

以前自由が丘に大きなショップがあったのに、撤退してしまって残念なんて思っている方は、こちらのお店を覗いてみては?

villeroy&boch の以前のショップの場所とは違います。

繰り返しますが、「黒船」の前。

熊野神社のほど近くです!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする