ブックオフ 持ち込んだ結果は

昨日自転車で行ってきたブックオフ。

昨日の記事→「本の断捨離 メルカリ、ネットオフ 何が正解?」の続きです。

自転車ですから、大した量ではありません。丈夫な紙袋の底が抜けない程度。

ハードカバー5冊に残り新書と文庫で計23冊。

断捨離本0509

久しぶりの持ち込みでしたが、買取カウンターもわかりやすくてお手軽なうえ、店員さんの感じも良かったです。

平日だから、待ち時間も10分足らず。

最初は本を預け、苗字だけ告げ、番号札をもらいました。

10分後、番号札の店内アナウンスで呼び出され、再びカウンターへ。

ざっと金額提示され、伝票に住所・名前等記入して、本人確認書類(運転免許証)を提示したら、即現金渡し。

ホント簡単でした。

これで断捨離が進んだと思うと、心が軽くなりましたって大げさ(笑)

買取金額は1,225円なり。

紙ごみにだすよりずっと良かった。

古本は持ち込み買取で充分

今までネット買取の場合は、箱一杯で1000円程度の値段がつきましたが、いつもはそのまま寄付にまわしてもらっていました。

ブックオフも手軽で使いますが、こちらもお勧め。
不要本でちょっといい気分になれます。
↓  ↓  ↓
古本買取サイト バリューブックスのチャリポン

ネットの買取は送料分引かれるはずだから、段ボールいっぱいで半分くらいの値段になってしまうのではないのかな?

今回は前回の半分くらいの量で、1,225円の値が付いたので、明らかに持ち込みの方がお得でしょうね。

元の値段を考えたら、二束三文に変わりはないですが、不用品の買取ですもん、そんなものよね。

ざっと計算すると最初に買った値段の15分の1

専門業者に見せたら値がつきそうな本・・・そりゃ断捨離対象じゃないですから(笑)

とりあえず普通の本の買取は、「ブックオフに持ち込み」で、充分だと思いました。

なにより段ボール箱一杯貯めずとも、少し貯まったら持ち込めばいいんですもんね!部屋の片づけが進みます!

断捨離関連の記事をまとめてみました → 「断捨離」関連記事一覧

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする