ブログを読むということ 意外に深い・・・

ほぼ毎日、何件かのブログに訪問して読んでいます。

たいていは自分のブログを書く前後。書けない時は、人さまのブログに入りびたり(笑)

先日書いた「家がきれいになった?! ブログの効用」で明かした掃除に逃げる以上に、人さまのブログを読むことで、時間をつぶしていることがある。

わたしがブログを読むようになったのはこの一年。

このブログを始める少し前からです。

「かーたんブログ」や「カルフォルニアのばあさんのブログ」といった人気ブログはほぼ欠かさずに、他にも常時5~6件ほどブログ村のお気に入りに入れて、更新に気づくと読んでいます。

その5~6件。

ときどき入れ替えますが、ほとんどが一年近く読ませていただいているブログです。

幸せ家族、夫への愚痴、引きこもり、家計、レシピとそれぞれ主要なテーマは違います。

なにがわたしを引き付け、リピートさせるのか?

特に文章が面白いとかで、有益な情報が載っているものを選んでいるというわけではありません。

でも、リピートしてしまう。

なんだかよく知った人のように思えてくるんですね。

スポンサーリンク

見えてくるのは思考のクセ

わたしが読んでいるブログはほとんどが主婦の書き手のものですが、続けて読むことで、日常の出来事とともに、その方の物事の捉え方=思考スタイルのようなものが見えます。

この人はこんなふうに思うんだって。

自分とは違う考え方でも、共感はできなくても、なぜそう思うかはわかったような気になる。

そのうえで、当たり前のように思うのが、同じ出来事でも「人によってとらえ方が違うのだな~」ということ。

例えば、「お金」といった切口でみると、

貯まる人はそういう考え方で、生活スタイルを築いている。そして、その自分のスタイルに満足している→ 自分の生活に肯定的→ 周りの人(主に家族)とうまくやっている。

お金がないと言っている人は、たいてい家族の誰かのせいに(主には夫さん)して→ その原因となった人を見下し、嫌っている→ 結果自分のことも卑下している。

もちろん、これまでの運、不運はあるでしょう。

めぐり合わせもあって、本人の思考方法では説明できないところもあるだろうとは思うものの、40歳も過ぎていれば、本人の考え方がさらにその流れを強くしているような。

プラスに回っていく人、

マイナス方向に行ってしまう人。負のスパイラル?

結局は「引き寄せ」か?

このことばで片づけるのは嫌だけれど、やっぱり自己肯定感が左右するんだなぁと思う。

まあ、これを持つのが難しんだろうけどね。



自分以外の思考パターンを知る

おっと話しがずれてしまいました。

「ブログを読むようになって、他人の考え方を推測する幅が広がった」ということを書きたかったのです。

今のようにブログを読む前と比べると、自分以外の他人の「考え方」のパターンで理解できることが確実に増えたと思います。

昔は、自分の思考パターンの周辺で、勝手に推測していた。

こういう人はこういう風に考えているのかなって。

意外や意外、人はこんなことに傷つくんだとか、気にするんだって。

今まで考えたこともなかった「他人の感じ方」を知ることも多いです。

それが続けて読んでいる方のブログだと、その「他人の感じ方」にも筋があるんだってわかる。

ブログを書くこと、読むこと、結構深い・・・ですね。

まだまだ他人のことはわかりませんけどね。

あっ自分のこともです(笑)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク