アスタキサンチンは美肌の味方!

サクラエビ

昨日の「あさイチ」の特集のテーマは「サクラエビ」でした。

料理の紹介も参考になったけれど、番組後半のサクラエビに多く含まれる「アスタキサンチン」の解説に聞き入りました。

スポンサーリンク

アスタキサンチンの抗酸化力

「シミを防ぐ効果がある」という言葉に、反応するようにできているわたしの耳(笑)

内容は何度も読んだり聞いたりしたことのあるものでしたが、繰り返し聞くことで、よけいにその気になって、効果が高まる気がするのです。

自分の信じていることは繰り返し聞きたいという・・・ヤバいやつではありません(笑)

アスタキサンチンは甲殻類などに含まれる、赤い天然色素です。

抗酸化力が強い。

つまり、
活性酸素を消す力が強い

シミの原因となる紫外線が肌にあたって、発生する活性酸素を消してくれる

シミ予防に効果的というわけ。

加熱すると赤くなる海産物

シミ対策に限らず、アスタキサンチンの強い抗酸化力は、美肌全般に、コレステロールの低減に、さらに眼精疲労にも効くとも言われますから、積極的に摂りたいもの。

番組では一日6mg程度の摂取がお勧めと紹介していましたが、サクラエビだと毎日100g程度に相当するとか。

サクラエビでそこまでは・・・だから、そのほか鮭やキンメダイなどの赤い魚やカニ、エビ、いくらなど取り交ぜて、赤い海産物の摂取を心がけましょうってことでした。

ちなみにアスタキサンチンは加熱すると赤くなるもの。

マグロは刺身のとき赤くても、焼くと白っぽくなりますから、アスタキサンチンは含まれていないのです。

この赤い色素、なぜ海産物に多いか。

それはもともと動物がもっているのではなく、植物性プランクトンを動物が摂取して体内で生成されるからのようです。

さらに手軽に(?)に摂るには、藻類から抽出されるサプリメントもあるみたい。




化粧品も効果的

本日の番組内、美肌効果に貪欲な有働さんより、なにげなく聞いていた柳沢さんの質問のほうが、ピンポイントに聞きたい情報でした。

それは

「食品以外では摂ることができますか?」

つまり、肌に塗る化粧品でも効果はあるのか?

柳沢さんグッジョブ!

先生の答えは

「内外両面から摂るのが効果的」(←言葉は正確に覚えていませんが)つまり、食品として摂るだけでなく、化粧品としても取り入れた方がいい

↑ わたしはこのようにとりました!柳沢さんの発言、もっと拾ってあげてください!

肌からは吸収されない有効成分もありますから、ココ大事!




「アスタリフト」への信頼が高まった?!

この「あさイチ」を見て、わたしの「アスタリフト」への愛は一層高まりました。

アクアリスタ定期便到着

そう、あの富士フィルムの化粧品です。

肌が食べる赤いジェリー、アクアリスタのファンです。

シリーズの中でも、先行美容液のこれ一本に絞って愛用中。

一年近く使い続けています。

値段が高い高いと思いながら、止められない

タイミング良く、二か月毎一日配送をお願いしている定期購入便で届きましたよ!

レフィルで60g

2か月分で11,080円(定期購入便特典10パーセント割引適用)。

高価だけれど、やめられないくらい効果があると思っている。

ちなみにアスタリフトの赤い色は、鮭由来のアスタキサンチン。

加えてトマトのリコピンも含みます。

最強の赤!

VIVA アスタリフト!

これまでのアスタリフトについて、クドクド語っている(笑)過去記事 → こちらに一覧をまとめました。

アスタリフト愛の始まりはここから → 「アスタリフトを使ってみたくなる理由」

定期購入便は便利でお得なシステムですよ→ 「アスタリフトの定期購入便にはまる」

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする