オイルポットを断捨離 油問題これで解決?

オイルポットと油二種

「酸化した油は身体に良くない」のは、わかっているけど、

てんぷらで使った油、一回では捨てられないできました。

以前テレビで見た料理番組では、

「下ろしたての新しい油では、てんぷらに色が付かないから、2,3度めの方がお勧め」って言っていたんですよ・・・

でもそれは健康とは別の話し。

それも昔の常識・・・なんだと思います。

健康知識の常識はどんどん更新されて、「昔の常識は今の非常識」となることが多いです。

長く生きていると、ホントそう思います。

だから親の世代とは常識が異なって、衝突する!

って、話しが少しずれました(笑)

最新の情報に沿って油を使い分ける

食用油に関しても、昔の常識はどんどん変わっていると思います。

最近流行りの「オメガ3」ってなんだよってなりません?

「ココナッツオイル」に「マカダミアオイル」、「アボカドオイル」なんてのもありますね。

特に最近は油に関する新常識が溢れていますよね。

新しい食品はともかく、今まで使ってきた「食用油」については、現在の知識で棚卸し的選択をしようと思っていたところでした。

ちょうど先週見たTV番組「林先生の初耳学」でそんな内容を扱っていました。

※そのときの放送HPにリンクを貼りました→ 4月18日に放送された回の『油の正しい摂り方検定2017』

その回の講師 森口徹先生が言っていた、

「揚げ油は一度で捨てる」

酸化した油は動脈硬化の原因にもなるし、肌にも悪い。

再三聞かされてきた言葉です。

が、なかなか一度で捨てられないのが主婦ってモンです。

が、今回は思い切ってオイルポットを捨てることにしました!

20年以上使っているものなので、気持ちも捨てやすいですし。

サラダ油で揚げものはNG

番組では、他にも知っていたようであやふやだった知識を確認できました。

それは

●サラダオイルとは文字通りサラダ=生食用。加熱用には向いていない。

●オリーブオイルこそ、揚げ油など加熱に向く!

この2点。

わたしはこれまで逆にしていました(汗)

オイルポットと油二種

真ん中に写ったキャノーラ油を揚げ油として、

オリーブオイルはサラダ用(=生食用)に使ってきました。

ところが、その逆が正解とのこと。

これからキャノーラ油はせっせとサラダに使って、

次回購入の際には酸化のことを考えて、もっと小さな瓶で購入しようと思います。

一方、オリーブオイルは風味を考え、お値段高めのエキストラバージンオイルを使ってきました。

でも加熱用なら、風味はそれほどこだわらず、「ガンガンオリーブオイルを使ったれ!」と思って、安い大瓶も買ってまいりましたよ!

しかし、オリーブオイルでてんぷらって、馴染めそうにありません。

しかも、てんぷらって、たっぷり油を使うから、家ではしばらくやめてみようと思います。

から揚げだったら少量の油でも作れるので、しばらくは家での揚げ物はから揚げと種類を絞ったフライくらいにしておこうと思っています。

しばらくね・・・

どうなることやら・・・

でもオイルポットは捨てるぞ!と決意は固いのです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする