きっかけは「腸活」 乳酸キャベツに挑戦!

絶賛腸活中!につき、腸に良さそうな乳酸キャベツを作ってみました。

腸活ですべてを手に入れる⁈

「腸活」関連の本を何冊か読んでみて、是非とも自分の腸にも、美しいお花畑=腸内フローラを育ててみたいと思っているのです。

30年来の便秘

何度も改善を試みても、一向に良くならない頑固な便秘のわたしの腸は、さぞやキタナイものでしょう・・・

ここに秘密の花園ならぬ、腸内細菌の花園ができたら、便通はもとより、免疫力が高まり、アレルギーから解放され、認知症の恐怖も遠のき、きれいな肌も手にできる・・・というのを信じて!

そんな欲張りな期待から「腸活」中!

といっても、やっているのは意識してヨーグルトを食べていることと、食事に食物繊維とオリゴ糖の元となる食材を使うよう意識していることぐらい(笑)

「腸活」に良いことを加えていこう!と思っての、乳酸キャベツです。

発酵食品は腸に良い 乳酸キャベツ

発酵食品は積極的に摂りたいですもん。

乳酸菌摂取で、腸内の悪玉菌の増殖を防ぐ狙い。

さらに乳酸菌で、腸管免疫を高める

※この辺は過去記事から→ 「腸活お勧め本 ビフィズス菌生きて腸まで届かなくても」

もともとキャベツは植物繊維が豊富だし。

腸活のために摂りたい食材。

ただ一玉買うと、余りがち。

だから、無駄なく消費するためにも、コレに大いに期待しています。



乳酸キャベツ 作り方は簡単

作り方はググれば一発。

ざっと見て、良さそうなこちらを参考に作ってみましたよ。

→ 日経スタイルの「乳酸キャベツでおなかすっきり 簡単に作れる発酵食」

最初からキャベツ一玉は、ハードル高いので4分の一玉。

■その作り方は

  1. 250gの葉っぱをみじん切りしてジップロックに投入。
    乳酸キャベツ千切り 乳酸キャベツジップロック_!
  2. 小さじ一杯弱の塩を入れて、袋の上からモミモミ。
  3. 一つまみのキビ糖と、粒胡椒3粒、ローリエの葉を一枚加えて、袋を振るようにして混ぜる。
  4. 空気を抜くように袋を閉め、上にペットボトルの重しをし、室温で放置

■注意点として

  • 発酵ならぬ腐敗の危険あり。キャベツと道具はしっかり洗って雑菌の繁殖を抑える。
  • 冷蔵庫に入れると発酵が進まないので、室温放置だが、水が出るので皿やパッドの上に

こんなところでしょうか。

直射日光のあたらない涼しい場所で、2,3日。

泡が出てきたら発酵が進んでいる証拠だそう。

実際に作った方のブログ記事などによると、成功したか否かは、「みればわかる」という言葉が多くて納得。

毎日食事を作る主婦だもん、腐って失敗か、晴れて「発酵キャベツ」となったかは、「見ればわかる」ことでしょう!

生物として、食べられるか腐って食べられないかの判断が付かないのはヤバいです。

自分を信じて、やってみるべし。

楽しみ~

結果は3日後⁈ 味レポとともにお伝えします! ←って、もう成功した気でいる(笑)

ところがところが・・・の結果はこちら →「乳酸キャベツの失敗 判別は難しい」

をお読みください!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする