崖っぷちのスロージューサー

風邪をひいて一日寝込みました。

38.4度まで熱が上がり、「インフルエンザかっ!」とあせりましたが、バファリンが効き、翌日は平熱に戻りましたので、ただの風邪だったということにします(笑)

でも、翌朝キッチンでコレ↓に対面したとき思いました。

スロージューサー

捨てたろうか?

「低速ジューサー」

流行りの人参ジュース

低速ジューサーでつくった人参ジュース。

流行っていましたよね。

健康食の流行りには滅多にのらないわたしも、珍しく食指が動いたんです。

値段も高いうえに、場所もとる。

野菜、果物のコストも購入の手間もかかる。

それでも、

作ったジュースの味が気に入り、半年以上家族で飲んでいました。

まずかったら論外だけど、なんといっても健康効果を期待して!

「人参ジュースで癌が消える!」はさすがに信じてはいませんが、

低速で絞ることで、「熱が生じないので酵素が生きている」←こんなフレーズにやられました(笑)

健康効果の検証はできなくて当然

それでなくとも、「生野菜をたくさん摂らねば」という思いは常にあります。

サラダではそれほど量を食べられないから、「コレいい!」と思ったんです。

人参、リンゴ、柑橘類を中心とした生しぼり。

身体に悪いわけがない。

お肌にだっていいはず!

楽天スーパーセールにはまった夫が、材料を箱買いしてくれていたのが追い風となって、ほぼ毎朝続けてこれました。

でも、今回自分が風邪をひいて、効果に疑問が・・・

野菜を摂っていたって、ダメなときはダメ。

当たり前と言えば当たり前。

これで「健康間違いなし!」ならば医者は要らない。

そこまで期待したら、低速ジューサーだって荷が重すぎる(笑)



難点がどんどん出てくる!

ひとたび心が離れると、冷えるのはあっという間。

今までの不満が押し寄せるのは恋愛と一緒(笑)

なんといっても、低速ジューサーは洗うのがメンドクサイ。

過去にもこんなことを書きました。

↓  ↓  ↓

「スロージューサー洗いにくい 排水溝は詰まる!」

そうだ、このタイトルそのまま。

毎回分解して、複雑なカタチのうえ、細かい穴がいっぱいで絞りカスがこびりつく。

ブラシで洗い、流すとそのカスが排水溝の目皿に詰まる・・・

毎朝目皿を掃除するたびに、次にリフォームするときはディスポーザーをつけようって思っていたんだった!

しかし、コレ(スロージューサー)を使わなかったら、済む話。

しかもスロージューサーそのものの形状が複雑で、シリコン部分が洗いにくく、カビが生えやすい。

そしてもう一つあった、

絞るためのスクリューが重い!

先月これを洗っているときに落として、シンクにあったお気に入りのカステヘルミが割れたんだった!

それも赤・・・(イッタラの赤は高いんです・・・涙)

あーなんだか、止める理由が押し寄せてくる!




風邪のときこそ飲みたかったのに・・・アウト

それに、風邪ひいたときこそビタミン補給に飲みたかった生ジュース。

なのに、洗う面倒を考えたら、夫に作ってと言えなかった・・・

代わりに使ったのがこれ ↓

アナログレモン絞り

こっちでオレンジジュースを作ってもらったんだった・・・

アナログ 安価

でもきっちり仕事はこなした

それなのに・・・

低速ジューサー 崖っぷちだよ!

ちなみに、風邪のとき一番効いたのはバファリンでした。

総合感冒薬も飲んだけれど、

きっちり熱を下げ、関節痛も解消してくれたのはバファリンだった。

機能がはっきりしているものって頼りになる。

健康食なんてやっぱり、気安め?

元気な時の余力でするもの・・・

風邪が残る頭で考えることは、余裕無いな。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする