「知っていたら買わなかった」 だから認証パーム油を選ぼう!

パーム油ってびっくりするほど生活に浸透しています。

からだや環境にやさしいと選ぶ植物性とか植物由来というものに使われている油のかなりの割合を占めている。

そのパーム油について、「知っていたら選ばなかった」といういう事実と、

買うときはここに注目しよう、という話です。
新聞記事パーム油

植物油といったらパーム油

パーム油はあぶらやしの果実から得られます。

クッキー、チョコレート、カップ麺などの加工食品に使われる植物油といったら、これが多い。最近のマーガリンも!

食料でなくても、せっけん、シャンプー、化粧品にも多く使われています。

原材料に「パーム油」と書かれていなくても、植物油とかかれていたら、これの場合が多いようです。

つまり、日常生活でパーム油にふれない日はまず無いといっていいほど浸透しています。

「植物性」ということばはなんとなく、からだにも環境にもやさしい響きがしますよね。

環境破壊の産物

肌にも良さそうだし、洗剤なら排水を流す川や海にも良さそう。

そんなパーム油ですが、原料であるアブラヤシが作られるのは熱帯地域。

インドネシアやマレーシアがパーム油生産量の85パーセントを占めています。

そして、

そのアブラヤシを生産する畑のために、熱帯林が切り開かれて深刻な問題になっていることを知っていますか?

急激な農園開発で熱帯雨林の減少や焼き畑による火災、先住民が住まいを失うといった問題が発生

ここでも、

恩恵を受けている先進国が、その消費者には見えないところ(途上国)を搾取している。

お約束といっていいような図式。

欧米メーカーでは危機感が浸透

石油よりも環境にやさしいと思っていたの植物原料が、実は熱帯林を破壊し現地の人々の暮らしを犠牲にして生産されていると、パーム油を原料に使うメーカーが批判にさらされもしました。

欧米企業では早くからパーム油の生産が環境破壊を引き起こしかねないことに危機感を募らせ、その対策を講じています。

環境NGOのWWF(パンダのマークでお馴染みの団体)の呼びかけで、欧州企業とマレーシアのパーム油業が2004年には持続可能性に配慮して生産されたパーム油の国際認証制度「RSPO」を立ち上げています。

対して日本企業

やっぱり対策が遅れているのが現状のようです。

認証マークを気にしてみて!

わたしがこのことに関心をもったのはきっかけは、排水となったときに分解のされやすさでいったら、「合成洗剤とせっけんとどっちの方がいいのか?」というよくある疑問から。

この問いについては「合成洗剤がすべて悪でもなければ、石けんがよいばっかりではない」というのがわたしのもっているイメージです

「植物由来のほうがなんとなく安心」というイメージから離れ、

今の自分にとってだけでなく、長い目でみてつまり持続可能(サスティナブル)な商品なのかまで知ったうえで選びたいと思っています。

だから、「植物由来」が洗剤だけなく化粧品でも肌に優しいはずが、地球に優しくないこともあるなんて、ショック・・・

そのうえ、環境破壊につながるパーム油が、食品に多く使われていることを知ってびっくり!

あまりに多くのモノにパーム油が使われている今、「何を選んだらいいの?」

欧米からの輸入「洗剤」なんて、高そうだし買い続けるのは現実的ではない!

でも大丈夫、

最近は日本でもこの認証を受けたパーム油を使おうという企業は増えているようです。

調べてみると、国内第一号はやっぱりサラヤでした。

うちにもあった「ヤシノミ洗剤」詰め替え用のパック裏↓

認証パーム油マーク

当然ながら従来のものよりコストはかかるようですが、流れは認証油を使おうという企業が増えているもよう。

“企業のグローバル化の過程で、環境に配慮したパーム油の利用は避けられない”と、対策を講じているところもでている模様。

新聞記事(2017年2月21日付)によれば、西友、味の素、ユニリーバ、花王などがこの認証パーム油使用に切り替えつつあるそうです。

環境に配慮していないとなれば、企業にとってはダメージ必至だし、

なにより持続可能でなくてどうする!って話

ともあれ、企業の生き残りのためも大切だけど、まずは消費者が知って、選ぶことが大切だと思います。

ので、この「RSPO」のマークを気にしてみてくださいね!

マークをみるにはこちらからどうぞ→「サラヤの取り組みについてのページ」にリンクしています。

ちなみにこちらはグリーンピースのhpの関連ページからの引用です。↓

今回、「森にやさしい企業」 にランクされたネスレ、フェレロ、ユニリーバ、ロレアル、ケロッグなどの企業はすでに「森林破壊ゼロ」方針を導入し、トレーサビリティー改善に努めています。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする