インナーの断捨離 歳をとるとはこういうこと

思い立って下着の断捨離決行。

捨てたとのは擦り切れたババシャツと

ヒートテック無き時代からの超厚手のタイツ

それからブラジャーガードル、引き締めるタイプの補正下着

それぞれ2,3枚ずつ。

結構大量

みっともないから、写真は無し(笑)

自分では40代のころより格段に老けたとは思っていません。

むしろいろいろ効果があって、肌など若返った気さえしています(笑)

が、が、「もう要らない」と思ったものを見ると、

「更年期すら卒業」って思います。

だって、

若い頃のようには冷えないから、

昔ほどババシャツの機能にこだわらない。

人さまの前で脱ぐことを想定していないから、

美しい下着は要らない。

締め付ける下着も要らない。

どちらも、使っていない間に経年劣化していましたよ・・・

大笑いよね、

イヤ、泣き笑いなのか、笑うしかないです

・・・なんか寂しくなってきた・・・

ジムにも通い、そこそこスタイルはキープはしていて、

洋服のおしゃれもそれなりに楽しんでいるけれども・・・

断捨離下着を見て、

おばさんになるってこういうことなんだな~と感慨深かったです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする