明日20歳!カリフォルニアのちびのこと

明日は「カリフォルニアのばあさんブログ」んちの老犬ちび 20歳の誕生日

ペットとのかかわり方について考えさせられつつ、ずっと読み続けています。
人間が動物を飼うということ。その命にどこまで関わるのかと、いろいろ感じずにはいられない最近のブログ記事 でも応援しています!>

とにかくちびは明日20歳になります

おめでとう!

きっとブログ読者からお祝いのメッセージがいっぱい発信されるのだろうな。
生きていてくれるってことだけでありがたいという気持ちはわかります。

私も昨年まで猫と暮らしていました。17歳で(おそらく)天寿を全うしました。大切なペットだったけれど、歳だもの仕方ないと、老衰で弱っていく猫を見守ることしかしませんでした。最後一週間は、出かけるのも最小限にずっと側にいたけれど、病院に連れて行ったりはしなかったです。
それまでも、数えるほどしか病院には連れて行かなかったので、もうこの段階ではストレスにしかならないだろうとの判断です。

かたや「カリフォルニアばあさん」宅のちびはここ半年ほどは輪液頼りで命を繋いでいます。他にも利尿剤に血管拡張剤と目薬を投与されています。

飼い主のご夫婦が必死で守り、その甲斐あって、ちびはいろいろ不具合はあるものの、穏やかに日々を生きています。
ご飯を食べ、排泄をし、庭を歩き、飼い主に抱かれ・・・飼い主に喜びを与えている!

頑張れ~ちび そう思わずにはいられない

でも、ちょっと苦しい それは自分が愛猫にそこまでやってあげなかったためなのか?反対にそこまですることへの批判めいた気持ちなのか?

どちらにしろ、ペットと暮らすということは、ペットを飼わなかったときには考えなくてすんだことを、喜びと同時に引き受けるということなのだと思います。

実際の体験から比べれば薄いけれど、人様のブログを読むということは、その人の日常を知り、それに対する感じ方や対処するための行動を知ることです。ブログなんてものが無かった時代には知ることはなかった他人の心の動きのようなものを知ることがあります。

読み散らかしているようで、ブログを読むことで結構影響を受けているようです。

「カリフォルニアのばあさんのブログ」は7年ほど前に、お菓子の作り方の検索からヒットして知りました。レシピ本を出しているほど、お菓子、料理のカテゴリーは充実しています。とてもわかりやすく、かつセンスのあるレシピでこれは本当にお勧めです。

でも、やっぱり読み続けているのは、書いているご本人に惹かれているからでしょうね。日々の雑記のようでも、家族をはじめ他の人に対する感じ方などに、はっとすることも多いです。

その「カリフォルニアばあさん」に喜びを与えているちびの存在 ちびの穏やかに生きる日々が少しでも長くなりますように!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする