ブログの体裁について考えた HTMLで目次

長文記事には目次を入れた方が読みやすいだろうと思ってやってみました。

スポンサーリンク

読んでもらいたいものこそ、目次を!

カテゴリ迷走中のこのブログ

毎日思いついたことを綴る日記スタイルになってしまっていますが、

元々は「子宮筋腫の体験記」としてスタートしました。

「検索」からの7割は「子宮筋腫」関連ワードで来ていただいています。

そこは狙いどおりではありますが、

最後まで読んでいただけているのかは・・不安です。

「子宮筋腫体験記」のくだりは全12ページ。

なかでも検索ワードが集まるものは、頑張って書いた結果の2000文字~3000文字と長文ばかり。

内容が一目でわかる「タイトル」が大事なのは言うまでもありませんが、まずは一目でどんな展開の記事なのかをお知らせしたい。

というわけで、「目次」です。

最初の一目で、このページはこんな展開になります。そして、目次の項目で、タイトルに収まらないプラスの情報も入っていますと伝えたい。

それがブログにおける「目次」ですね。

htmlは意外と簡単

このブログはワードプレスを使っているため、それ用プラグインを導入すれば一発!

有名どころで「Table of Contents PLUS」

でも、プラグインを多用したくないという漠然とした思いもある。

これは素人だからこその悩みかもしれません。

すでに5つほどのプラグインを入れているものの、次々入れることで、プラグイン同志でバッティングするのではとか、テーマと相性良くなかった場合のトラブルを考えると二の足をふんでしまう。

そこで、ページごとにできるhtml(マークアップ言語)を使って目次を作ってみました。

もし同じよう思っている方っているんじゃないかな?

htmlは難しくは無いし、ページごとテキストで設定するだけなので、ブログ全体に負荷がかかることもない。

気軽に試すことができます。

これはワードプレスに限らず、無料のブログでも簡単にいじれます。というより、無料ブログはHTMLでやるしかないことが多いのではないかな⁈

文字を大きくしたり色を付けたりの最初に備わった基本的機能からもう一歩だけ、何かをしたいと思ったときに、できること、それがhtml。

htmlのノウハウは検索で一発!

ではどう使うのか?

そもそもhtmlとは何か?というところから、何ができて、それをどう書くのかまで、ネット検索で知ることができます。

まず「html」を検索。

一番短く説明されたものでも読んでみて、なんとなくわかったら、「html 目次」など、やってみたいワードで検索すればたいていのことがわかります。

もし、htmlって何?というところから始めるならば、最初は文字を太字にするっという程度のことから始めてみるといいと思います。無料ブログでも基本の機能としている程度のことを自分でやってみると(最初は)嬉しいモンです。

「html」とタイトルに入った本を一冊買うのもいいかもしれないけれど、まずは無料でネット検索。これイマドキの基本ですね!

ネット上には本当に、惜しげもなくいろんな知識を書き込んでくれてありますもの!

htmlについては、

小さなリスクで小さく試す(笑)

そして得られる達成感は大きい!

これ、初心者にとっては大きな喜び、ですね(笑)

自己満足を次の一歩に!

不安いっぱいのワードプレスで始めたこのブログ。

ほぼ知識のない50代にとっては無謀かとも思いましたが、開設から半年たちました。

3冊ほどテキスト本を読みながら、ヨロヨロ続けている感じ(笑)

記事を書くこと自体は楽しいのですが、その裏方では、未だヨロヨロ。

時々思いつきで、手を加えています。

今回は「目次」をいくつかのページに入れてみました。

とりあえず思ったことの80パーセントの「目次」ができることに安堵して、このページを書いています。

こんな小さな自己満足を積み重ね、これからも続けていきたいと思っています。

ちなみに「目次」に関しては、

各項目にページ内リンクができなかったとしても、記事冒頭に「目次」を書くだけでも、内容を一目で伝える効果はあると思います。だって、リンクが貼られていたっていなくても、目次は目次だものね!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク