「若者よ!君は自由だ~」と背中を押せるか?

笑っちゃうほど大きくでてみました!今日のタイトル

「君は自由だ!」と彼の背中を押してあげたい。

彼、近所の高校生。

ママ友は少ない私ですが、彼本人のファンなのもあって、彼のお母さまともお付き合いがあります。

彼は小中学生のときは、変わり者として学校で浮いていることもあったよう。あることで突出した才能のある子でしたし。

夢中になれるものがある子に多いパターンでしょうか?

ちょっとさかなクンみたいな。

容姿や話し方が似ているわけではなくて、好きなことにまっすぐで、周りから浮いている、みたいな。

時にいじめや無視の対象にもなったようですが、本人はあまり気にかけていない、というか気がついていないという幸せなパターン。




今は演劇に夢中。

高校は演劇部の強豪校。

昨年末は東京芸術劇場での大会まで観にいきました。

大会後お会いしたお母さまは、そろそろ大学受験も考えて欲しいと言われてました。

演劇部の活動も陰でしっかり支えながら応援されているご両親ですが、

同時に将来を案じる親なら、勉強も忘れないでねと思うのは当然。

「夢中になれることがあっていいねって言われるけれど、それは周りが見えないだけ」。

うん、そうだね。

親世代として、学歴ありきは無理からぬこと。

とにもかくにも大学受験は真面目に取り組んで欲しいと思っておられて当然。

演劇だったら、まずは早稲田を目指せ…って思うよね、親なら。(早稲田って演劇でも有名)

私もそれがいいねと思うけれど、

やっぱりそこは無責任に「好きなことに突き進む青春」を応援しちゃうんだな(笑)

じゃあ自分の娘が漫画家になりたいって言ったらどうする?

「知識あってこそ深い内容が描ける」とかなんとかいって

、大学受験は強力にプッシュするだろうな

…そして、大学に行ってから現実を見させる

…大人のやりそうなパターンを取るんだろうなぁ

いや、本気を見せれば応援するか?

うちの娘、そこまでではないから言えることですね。

本気の子どもをもった親は、本気で向き合わないといけないね…しんどそう

でも羨ましい。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク