一年の棚卸よりも大切なこと

2016年もきょうで終わり!

ブログタイトルらしく、今年の健康面の棚卸を記事にしようかと思いましたが、もともとカテゴリーが迷走しているので、「からだ」に限らず、一年を振り返ってみることにします。

今、穏やかな年末を迎えられているので「今年も何事もなく無事まったり過ごせたな~」というのが、のんきな感想です。

が、思い起こせばあるではないか、

人生観を変えるような大きな出来事が!

そうだ!一日の単位で言えば、人生で一番辛かったかもしれない出来事を体験したのだった。

それは健康面のことではなく、だから命まで取られることもない出来事です。




その内容についてはいつか書く日があるかもしれませんが、

私だけのことではないのでね。いくら匿名でもちょっと今はまだ書けない。

長く生きていれば、上手くいかないこともある。

それを思い知らされた出来事でした。

ドーンと落ち込んだ春の一日。

それでも、季節は容赦なくやってきて、流れていく。

私の心も時の流れに紛れて、また笑えている。

今思えば、その程度のことです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする