数学よりも大切なこと

林先生がテレビで言っていた

「受験科目に数学がある学部を選ぶ方が生涯賃金が高い」。

・・・でしょうね。

数学と言えば理系。これからますます理系がもてはやされるのはわかる。

とはいえ、世の中半分はたぶん文系。

最近文系の分が悪いようだけど・・・特に「人文」関連学部。

それに対して、文系のなかでも数学が必要とされる「経済」関連学部は人気?なの?

バブル世代としては、

経済学部を出て銀行員っていうのが、ザ・高給取りのイメージ、

商学部は花形商社を目指し、

経営学部なんていうのは、経営者=社長さんってことでしょって(笑)

そんなに単純にはいかないけれど、「経済」関連学部なら生涯賃金は良さそう、な気がする。




でもね、これから「経済」学が得意とする統計やら計量化やらの分野ってAI(人工知能)の最も得意な分野なのでは?とも思う。

例えば文系の難関資格の会計士の仕事とかって、結局は「AIでいいんじゃね?」ってことにならないのかな?

分析とか先の予測とか投資工学とか(って意味わからないけど)、AIの得意分野な気がする。

一方、理系分野の科学の発展、技術の発展はますます重要度を高めていくだろうけど、その方向性を決めるのは哲学とか社会学っていう「人文」学じゃないのかな?

科学の進歩ありきで、どう使うかの哲学が後添えになってはいけない。

というわけで、林先生のおことばはもっともだと思うけれど、未来は人文学を極めた人たちがスーパーエリートとして憧れの対象となるような社会がいいなと思うのです。

役にもたたないと思われがちな、少なくとも就職に直結しないような人文学部万歳!

学問のための学問でなにが悪い?!

数学がだめで早々に文転した30年も前の挫折を思いだして、つい柄にないことを書いてみました。

生涯賃金を考えて勉強する(させる)なんてことは忘れて、好きな道へ進みなさい!

と言ったところで、うちの娘は理系。数学のみ得意、という異人種だった…

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする