受験勉強 男子の方が有利なわけ

日本テレビの「頭脳王」を毎年楽しみにしています。

今年は明日16日夜九時から!

この番組は『全国から、知力に留まらず、計算力、発想力、推理力等を兼ね備えた人物を募集、応募者が頭脳王の称号及び優勝賞金100万円を賭けて争う』(ウィキペディアより)クイズ番組。

出場者はたいてい東大、京大、他は慶応か早稲田が少し混じる。

難関大のなかでも選りすぐりの学生か卒業生が、ふつうのクイズ番組ではまずでない超難問に挑む姿がみられます。

ただの暗記知識だけでは絶対解けない、物理学とか地学とかの研究者が用いる数式を操り解いていく姿が単純に「ほー」と、格好いい。

本物の天才はこんなところにでてこないんだろうけど。とりあえず出演者は皆さん素敵なパフォーマー!

まるで一般人とはかけ離れた知識量は、まさにオリンピック級のアスリート。

そこらのお勉強できる子とはけた違い。

スポンサーリンク

知能指数 男女で差はある

ただ気になるのが、見始めた初回から、出演者はほぼ男性だということ。

女性がごくたまに出演しても、ファイナリストには残らない。

やっぱり、男性の方が優秀なのかな、と残念というか、ちょっと悔しい。

一般的にIQを調べると、最も優秀な層は断然男性が多いそうです。

最下層も男性のほうが多く、女性は比較的中間層にまとまるとか。

(ご興味あればこちら→「知能指数 男女差」の検索結果を貼っておきます。)




そういえば、高校受験のために娘が行っていた塾でも言われました。

「ここから上の数学は女子には必要ない」

別に塾の先生が差別論者ってわけではなく、数学は得意だけど、他の科目はてんでダメな娘に、受験対策にはそっち(不得意科目)に力を注げっていう意味での忠告です。

全国的にも最高偏差値の学校は男子校ですものね。

関東の最難関共学校のひとつ学芸大附属も男子と女子の合格点に差があります。

↑ その後あの事件発覚と大学受験向けでないという理由で学芸大附属の人気は下がっているようですが・・・

数学オリンピックだって、女子部門が分かれているってことは、本流じゃないっていうことですね・・・もちろん、女子の選抜者だって、一般人からみれば「神」の域ですけど(笑)

というわけで、高校までは最上位ランクは男子のみの枠ですが、大学は男子校ってのはない。

が、やっぱり難関校は圧倒的に男性多数。

というわけで、「いい大学行けばモテるかも」がモチベーションになっている我が家の娘、わりと素直に「男性の方が優秀」を認めているようなので、聞いてみると

「今までの問題作っているのが、男ばっかりだからでしょ」

と、あっさり。

人間の知性、本質はまた別。

女性の活躍で、世界は根本的な認識まで変わる、と思えればいいね!

とりあえず今年の「頭脳王」は、優秀な男の子のパフォーマンスを楽しみに観ます。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク