冬の簡単おやつ オーブン要らずの焼きリンゴ

グリルで簡単焼きリンゴ

ジュース用に買ったわけありリンゴ。

安いので惜しげなく使えます。

半分に切って芯をスプーンでほじり出す。

そこにアーモンドプードル(アーモンドの粉末)、砂糖、バター、シナモンパウダーを適当な割合で混ぜたものを詰めます。

レモン汁をたらしてもいいですね。

ラム酒ならいっそう良し(笑)

それぞれの量は適当でいいんです。

そのほうが楽しいじゃないって思っています。

スポンサーリンク

魚焼きグリルで簡単 匂い移り無し

これを魚焼きグリルで10分程度焼きます。

オーブンを使うのは電気代がもったいないから。

魚焼きグリルなんて、匂いがつきそうと思うかもしれません。

でも大丈夫。

グリルの魚臭さが移る心配なし
何故なら、焼いている素材からは蒸発した水分が出ているので、他のにおい成分が入ってこれないからです

こんな記述を「ためしてガッテン」本で見て以来、グリルを使う回数が増えました。

掃除不足の時は焼いている間、匂いはします(笑)

それでも、焼き上がりを取り出しても、

匂い移りはありません!

大丈夫。

毎回しっかり掃除をしている方なら、きっとリンゴを焼く匂いも楽しめるでしょう(笑)

わたしは魚焼きグリルの掃除を毎回完璧にはしないので・・・




オーブンを使う料理をする日は、その余熱を使ったりもします。

温度の設定も適当。

もともとリンゴの質もそれぞれだから、毎回少しずつ違うけど、

いつだって熱々でおいしいな~っ食べています!

砂糖の種類をキビ砂糖にしたり、アーモンド粉を省略したり、洋酒をたっぷり仕込んだり

その時の気分で気楽に作る!

そっちの方が通っぽいのではないかと思っております(笑)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク