一番簡単なタルト チェリーのクラフティ

アメリカンチェリーのクラフティカット

生クリームが余ったので、アメリカンチェリーのクラフティタルトを焼きました。

クラフティって響きが素敵ですが、作り方としては一番簡単なタルトだと思います。

タルト部分だけ焼きあがったものが売っていますね。アレを利用すればすぐです。

スポンサーリンク

チェリーのクラフティタルト 簡単レシピ

18㎝型でアメリカンチェリー400グラム缶の果実だけを並べ、そこに

全卵一個、生クリーム100㏄、グラニュー糖大匙2、薄力粉大匙1を混ぜた液を注いで焼く。

こんな感じでできますから、一番簡単と言ってもウソではない。

どうせならしっかり作りたいという方にお勧めはこちら→「クオカのレシピ」

お菓子材料のクオカ このサイトは本当にお菓子のレシピが充実。

手順の写真も豊富で、レシピ本を買うまでもありませんってくらいお勧め。

焼きあがったタルト生地はクオカの通販でも買えますが、わたしは手作り派。

タルトは手作り こんな手順

まとめて生地を作って、一回分ずつ冷凍保存しています。

タルト生地冷凍

それを冷蔵庫で解凍。冷たい状態が扱いやすいです。

タルト生地を伸ばす

下には小麦粉をふりまき、上からラップ これでくっつきにくくなります。

両端にある銀色の棒は3ミリ厚のアルミルーラーです。

これを生地の両端に置いてめん棒をあてると、均等に生地をのばせます。

一年前にクオカで購入し、871円。

これを無駄で高いと思うかどうかは人それぞれ。

昔は、「けっ!こんなモノ」と思ったくちですが、気まぐれで買った後はとっても重宝しております。

パティシエ気分は上がりますね(笑)

タルト生地を成型

途中温まってダレれてきたら、冷蔵庫で休ませると扱いやすくなります。

タルト型にかぶせ、端っこは包丁で切り落とします。

生地はフォークで穴をあけ、180度のオーブンで空焼き。

タルト生地のレシピもクオカのレシピは親切→「クオカ タルト生地の焼き方」


あとはもう簡単。

焼きあったタルトにチェリーを並べて、生地を流す。

160度のオープンで30分くらい焼くと、

焼き上がりチェリークラフティ

顔を出したチェリーが可愛い?

焼きあがったらそのまま冷まして

タルト粉糖をかけて仕上げ

粉糖を茶こしでふって仕上げます。

冷蔵庫で冷やすとプリンのように滑らか&切口のチェリーが可愛い!

アメリカンチェリーのクラフティカット

クリスマスケーキの予行練習になるか?

ならないか(笑)

実は夏向き?なのか?

美味しいのは確かです!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする