下世話な話 値段に納得できるかどうか?

アスタリフトが高い・・とブツブツ繰り返しています。

効果はあると思っています。

現在わたしが最も「これだ!」と思っている化粧品!

昨日も「アスタリフトの定期購入便が届きました」について書いたほど。

富士フィルムアスタリフト

お気に入りは「ジェリーアクアリスタ」

アクアリスタ瓶+スパチュラ

でも高いよね・・・(まだ言う)。

1か月半から2か月使用で、12,960円。

商品開発にお金がかかるのはわかるのですよ。

だから値段も致し方ないのかな~なんて思っています。

効果を考えて、「出してもいいか~」なんて思っているのですが。

でも最近、「?!」と思うことがあったので、書いちゃいますね。

消費者の目は厳しいモノ?!

それは先日、西麻布周辺を歩いていたとき遭遇しました。

あの地価がすごそうなエリアに富士フィルムのビル。

事業所がそこにあるのはいいんですけど、その横に結構な広さの社員用らしき駐車場があるんですね。

郊外ならわかるんですけど、この土地にこの広さ。

しかも社用車ではなく通勤用?!とちょっと驚きました。

地価が馬鹿みたいに高騰する前からの所有を、そのまま維持しているだけの話なんでしょうけどね。

富士フィルムってデジタル化でフィルム業界が斜陽となったのに、技術を新分野に転換して頑張っているんだななんて、勝手に感心して、応援したくなっていたのに、なんだかあの駐車場を見たら、冷めました。

昔っからの所有で、化粧品のぼろ儲けで買ったものではないんでしょうけど…

なんか気持ちが引いた。


そういえば、本社は六本木のミッドタウン。

それもその本社たるや、「ミッドタウン・ウェスト」全フロアだものね。

ちなみにミッドタウン・ウェストは東京ミッドタウンの表玄関である、外苑東通りに面した13階建てのオフィスビル。

フィルムからの華麗なる転身。コダックはどこ行った?

儲かっているんだろうな~

と、知ってしまうとやっぱり納得できないあの化粧品の値段!

企業という意味では、先を見通す力とか、たゆみない技術革新とか、なにより雇用を守っているわけだし、尊敬に値する経営。株主だったら、喜んで追加しちゃうよ!

でも、消費者としては、やっぱ高いよ~

「アンチエイジングに女は弱い」に付け込む化粧品商法の概念も変えて欲しいわ!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする