シミ取りレーザー翌日 画像アリ

皮膚科クリニックで、シミ取りレーザー施術を受けてのご報告。

(初日の様子とレーザーを受ける手順などは→こちらからお読みください。)

二日目の様子。

わたしの汚い肌の写真アリ。閲覧注意。

とはいえ、一度中断はありながら5年の間に4回目のレーザー。

ふだん本人しか気にならない程度の薄いシミしかないので、
レーザーをしても、あまり劇的なものではありません。

あしからず。

では本日の様子 ↓

シミ取りレーザーを受けての翌朝の写真となります。(左の大きい方)

レーザー二日目の右頬

しみ1128夜

当日夜

大して濃くならないどころか、すでに消えかかっています。

シミが消えているんだから喜ばしいのですが、劇的な写真が載せられなくがっかり。

こういうのをテレビのバラエティでは「撮れ高」が無いっていうのでしょうね(笑)

スポンサーリンク

一部はコント並みの面白顔に

上の写真は最も気になっていた部位(左頬)だったので、基本の写真として撮ったのですが、大したことありませんね。

昨日の最後にふれたように、普段は全く気にしていなかった、というか、シミの存在に気づかなかった顎付近の写真がこちら
↓  ↓  ↓

レーザー跡ポツポツこんなのが顔中にできると、志村けんのおじいさんコントの顔みたいなんですけどね・・・

5年前初めてレーザーを受けたときには、顔中に濃い斑点が浮き出て、見た目は大笑いってかんじでした。

いや、笑える状態になったのは傷が乾いてきた3日目くらいから。

初日から2日間くらいは、悲惨な見た目だったかもしれません。

痛かったし・・・

5年前の初回には、濃いシミだった部分が、レーザー照射の2時間後くらいから、さらに濃く大きく浮き出て、顔中がぼつぼつで埋め尽くされた印象。

でもね、見た人が吹き出してしまうくらいの「コント顔」になっていれば、それだけ取れるシミが多いってこと!

「コント顔」歓迎なんです。

もっとも、この「コント顔」になる前(最初の二日間ぐらい)は、ぐっと我慢のとき。

ひどい箇所はニキビをつぶしたときのような血がでたり、擦り傷のようにジクジクと白くなったりで、顔全体が悲惨な状態になりました。

ところが、今回一番痛そうに見えるかしょでもこの程度

右ほおレーザー二日目

二日目の朝でこれですから、これからもっと薄くなり、あと3日も経てば、ほとんどわからなくなりそうです。

こんなに乾いた状態なので、マスクをしても擦れて痛いなんてこともありません。

もちろん、もう痛くもかゆくもありません。

今は顔全体なので、化粧はしていませんが、コンシーラーやファンデーションを駆使すれば、充分隠すこともできそうな程度です。




初めてのときは劇的変化だったけど・・・

重ねがさね書きますが、5年前の初レーザーはもっともっと痛々しかったです。

二日間くらいは顔から血がでていたと思います。

部分的にジクジクして、マスクをすると擦れて痛かった。

それが瘡蓋になり、触らず我慢して一週間程度。

自然に取れたときに、下から白い肌が現れて感動!ってモノでした。

瘡蓋にならない部分は、そばかすの様に濃くなって、やはり自然に剥けるようにして取れて白くなる、そんな感じ。

もちろん瘡蓋をかじったり、無理やり取ってはいけません。

今回は瘡蓋になるようなものは一つもなく、顔中大きなそばかすで覆われて、だんだんに薄くなって、一週間後にはきれいさっぱり!になると思われます。

先生からは代謝を上げるためにと、大量のビタミン剤を処方されました。

医師処方のビタミン

これをせっせと飲みながら、すっかり落ちるのを待ちます。

後日また経過をご報告。その際、先生からの注意されたことなども書いておこうと思います。

シミ取りレーザーかかった費用 格安クリニック

そうです。

今回かかった費用を書いていなかった。

施術した日に払ったのはトータルで

15,780円

安いですよね~

内訳は、

  • レーザー施術10,800円
  • 診察・投薬 1,430円
  • 後ケア用クリーム 2,100円
  • ビタミン剤 1,540円

レーザーに関しては、初回から拍子抜けするほど安い印象です。

ただし、これはわたしのシミが少なかったからだと思います。

・・・ちなみに、クリニックの内装は豪華とは言えない地味なトコ。

同じクリニックでも、友人は初回は25,000円。半年あけて受けた二回目は15,000円くらいだったと言っています。そして、泣くほど痛かったとも・・・

当然、シミの度合いは人それぞれ。

レーザー照射の種類も時間も、出力も先生の判断にお任せするしかない。

そして内訳の「後ケアクリーム」とは、色素沈着防止のための「ハイドロキノン」。

こちらについては、もう少し詳しく、後日経過とともに書きます!

こちらが → 「一週間後の様子」です!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク