キッチンの台拭き 速乾清潔、安価で無駄無し!

台拭きは雑菌の固まりって言いますよね。

テーブルを拭くと雑菌を拡げているっていう(イメージの)嫌~なコマーシャルもあります。

わたしは潔癖症の真逆で、「過度な除菌は人を弱くする」っと思っているのですが、

さすがに台所の清潔は気にかけています。

スポンサーリンク

とにかく雑菌の繁殖阻止には「乾燥」!

生乾き状態こそ菌の増床!と心得、フキン、スポンジ、ブラシは水切れの良いこと、速乾性をポイントに選びます。

中でも布製の台拭きは一番乾きにくいと思います。

あの嫌なCMも無視できない・・・

それで、レーヨン製の極薄フキンを使っています。

ほら、よくファミレスやフードコートなんかで使われるダスターって呼ばれるもの。

業務用に使われているだけあって、使い捨てにしてもいい仕様。

洗って使っても、ほんとすぐ乾く。

繰り返しますが、雑菌の繁殖を抑えるのには乾燥第一!

生乾き臭がしたら完全アウト!が私の基準です。

探していたものが見つかった


ところが、あれが最近近所のスーパーやらドン・キホーテやらで売っていない・・・

ここ半年で、私の買い物圏から消えてしまったのです・・・

以来、どこへ行っても探していました。

それが、先日遠出したホームセンター「コーナンフリート」で発見!

しかも、いつもの5枚入りのモノと共に、ロール状(写真)のものがありました。

↓       ↓       ↓

ロール状台ふきん

品名 不織布フキンロール レーヨン100パーセント
中国製で輸入販売元がコーナン商事株式会社となっています。

実際の使い心地とコスパ

ワンカットのサイズが40センチ×20センチ。

それが5枚入りを買うより断然お得そうな40カット分。

実際298円とお買い得!

ただし、ワンカット分の大きさは従来のものの約半分。

通常のものが大きすぎると感じて、半分に切って使っていた私にはまさにジャストサイズなんです。少人数の家庭で使うにはこれで十分だと思っています。

使い始めはノリが効いているように少々固めに感じますが、台拭きとして使う分には問題なし。むしろしっかり丈夫そうなかんじ。水分を含んでくると、柔らかくなります。

キッチンペーパーと違って水洗いで繰り返し使えるのが売りですが、以前使っていたダスターは、5回くらいごしごし洗うとヘロヘロに。

ところが、こちらはもうすこし丈夫な印象。
5回くらい洗っても、伸びたり毛羽だったりしない。強い子!

私はたいてい夕食の準備時におろして、あいだに何回か水で濯ぎながら使い、夕飯片づけの最後に使って、少しの石けんをつけて洗って乾かす。

翌朝も使って、朝食の片づけ時にコンロ周りから最後はごみ箱の蓋まで拭いて捨てる、こんな感じで一日一枚使っています。

拭き掃除をする気にならなければ、二日使うこともあります。
いや、たいてい二日で使い倒している感じw

日中乾そうと思ったら、天日干し。室内でも十分乾きますが、やっぱり紫外線殺菌は心強い。

コストで考えると、一日一枚使うとして8円。(実際にはもっと長く使います!)

これなら布のフキンの洗う水道代を考えても、殺菌のための漂白剤なり煮沸のガス代なりがかからないわけですから、ずっとお安いモノ!

なにより「速乾清潔」。これが雑菌繁殖阻止のキモですから。気持ちの上でも満足です!



入手方法は?もっと手軽に買いたいけど・・・

せっかく気に入ってもリピート買いができなければ、使い続けられません。

このロール状ふきんは、コーナンフリートの店舗に行かなければ買えないよう。

ホームセンターには三か月に一度くらいしか行かないので、まとめ買いか?

今の使い方だとワンロールで三か月は持つ計算か・・・それならモウマンタイ(無問題)!

コーナンの通販もあるのですが、そこではこの商品の取り扱いはないよう・・・

もっとも、あったところで送料もかかりますから、これだけでの通販利用はないでしょう。

ちなみに通販には、業務用でこんなものがありました。

業務用ふきん50枚入りで980円。

(画像クリックでコーナンの通販サイトに)

同じものが店舗でも売られていましたが、値段からロール状の方を選びましたので、やっぱり店舗に行って、そちらを買うことになりそうです!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク