私の菓子作りの歴史は長かった~


メアリーポピンズから始まって、海外小説や映画のタイトルがついた料理本は好きな子どもでした。

赤毛のアン、話の内容よりもマリラの作るケーキがでてくる場面にうっとり。

「スプーンおばさん」は内容は忘れたけれど、毎回おばさんがご亭主の昼ごはん用に焼くパンケーキのイラストはよく覚えています!

そんな外国のお菓子に憧れていた田舎の子どもだったわたし。

お菓子作りはずっと趣味の一つです。

それを思い出した 昨日アップした記事の写真

こちらです。  ↓

パウンドケーキ小嶋ルミバージョン

この奥に映っているパウンドケーキ型。

今もあるKAISER社製。

ただし、小さく刻印されている「made in W.Germany」

オーブンがうちにきて、喜んでケーキを焼き始めた高校生の私。

もうずっと昔のことなんだなぁと感慨深くなりました。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする