かずのすけの本を読んで その2 アスタリフトを辞められない!

かずのすけの本を読んで、思うことを綴った昨日の続きです。

“化粧品の選び方について”のかずのすけの本を読んで、思うことがいろいろありますが、

とりあえず目下の悩みは、アスタリフト使用を継続するか否かです。

スポンサーリンク

やっぱりアスタリフトはお勧めよ!

化粧品について厳しい指摘が多いかずのすけの本を読んでも、富士フィルムの「アスタリフト」は悪くないらしい…。

アクアリスタ瓶+スパチュラ

気に入って使っている商品がお勧めと書かれていたのには、先生に褒められた子どものように嬉しい50歳w

褒められたのは商品であって、選んでいるオマエではない!

以前も書いたことがあるのですが、私はこれ(ジェリーアクアリスタのみです!)を定期購入して愛用しつつも、高価ゆえに続けるかどうかをずっと悩んでいます。

※過去記事 → 「富士フィルムのアスタリフトを使ってみたくなる理由」

私が惹かれた理由とは別に、本では成分を分析した見地から、優秀コスメと紹介しています。

もともと化粧品に過剰な期待をしていないし(それについてはこちら→「美肌のためのスキンケア メインはレーザー」)し、皮膚科医の書いた本を読んで肌にとって大切なのは「セラミド」と心得ている私としては、本文中の化粧品に対するこの言葉↓には賛同しています。

本当にお肌に良い成分というのは、たとえば「肌のバリアになる」とか「皮膚の酸化ストレスを抑える」というような、あくまで“防御”を得意とする成分です。

そんなこの本の中でも、「アスタリフト ジェリーアクアリスタ」は「セラミド」と、抗酸化成分バランスが良く配合されているとのお墨付きです。

しかも、“加齢により減少するヒト型セラミドの「セラミド3」「セラミド6Ⅱ」を集中的に配合”しているとあるじゃないの!

やっぱりいいのね~

ただ本でも言うように。値段が高いのよね~

でも、“ジェルを作っている成分には、肌の張りを保つ作用があるので”と書かれちゃうと、使っている身は、「そうそう!」って思っちゃうのよね~

興奮しておオネエ口調になってしまった、すみません

とそんなこんなで、効果とそれに対する値段は納得しているのです。

続けるかどうかは、スキンケアが自分にとって、どの程度の重きをおくかという価値観の問題なのだと思います。

つまりオオゴト!

お金を何に使うかって、人生をどう考えているかってことですものねっ


今回新しく買ったのはこの本です↓

先に買ったのはこちら↓

この2冊を読んで思うこといろいろ 次はその気のない「夫のオフスキンケアをもくろむ妻」の話です!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク