かずのすけの本から得たこといっぱい  その1

日本ブログ村ヘアケア部門、スキンケア部門それぞれで1位を獲得している人気ブログの著者かずのすけ氏の本。

最初に買った間違いだらけの化粧品選び 自分史上最高の美肌づくり  が良かったので、もう一冊も購入して読んでいます。

これまた良いです。

子どもの頃からアトピーに悩まされた著者が、大学で専攻した(現在は大学院生?)化学の見地から石けんをはじめとした洗浄剤、化粧品の問題点の指摘と賢い選び方の提案といった本。

アトピー 乾燥肌の方にはご一読を勧めたいです。お子さんがアトピーという方には、↑上の本の方がいいかも。

↓  ↓  ↓

まず前提として、化粧品は薬じゃない。肌の表面(角質層)に、ごく穏やかな効果を与えるもの(薬事法でそう規定されている)。なのに選び方次第では、肌への刺激物となり、良くするつもりが悪くさせていることがある。

「間違いだらけ~」の方が、化粧品(石けん等洗浄剤含む)がアトピーやら肌荒れを起こさせる仕組みの説明。
こちらの「化学者が美容コスメ~」ではそれを踏まえて、どんな成分を含んだ商品が良いか悪いかを具体的に挙げています。

何かを糾弾して “こうでなきゃダメ” というものではありません。

肌への刺激が予想されるものを知り、良いものを見分けようというスタンス。


例えば界面活性剤にも刺激の強いもの、弱いものがあるよという解説がメインで、「危険、危険」と声高に叫ぶような類ではありません。

逆に石けん大好き、オーガニック好きなナチュラル派には、「えっ」と思わせるものがあるかもしれません。そんな方にも是非。

しかし、現実的に考えてみれば、なるほどな~と。
全体的にソフトで素直な語り口で、拒否反応を起こす要素が少ない分、説得力もあると思います。

長いカタカナの化合物やらマイナスイオンがどうのという説明に、くらっとするけれど、そういう世界の話をしているのだから、一生懸命ついていきましょう!

わからないなりに化学から遠ざかった頭に喝を入れるにも良い。

少なくとも、私にはブログで読むより読みやすかったので書籍がお勧めです。

オフスキンケアの勧め

私自身は敏感肌でも乾燥肌でも、ましてやアトピーでもない。どちらかと言えば強いほう。

ですが「日本人洗いすぎ!身体に限らず洗剤使い過ぎっ」と日ごろから思っているので、かずのすけ氏の提唱するオフスキンケアには賛成!

特にこれから乾燥する季節ですから、オフスキンケアを始めてみてはいかがかと。

オフスキンケアとは、まずは肌本来のバリヤーを崩してしまう洗いすぎをやめてみようというもの。

身体を洗う石けんを、まず皮脂まで根こそぎ取ってしまう刺激の強いものから、徐々に刺激の弱いものにし、段階的に肌本来の力を呼び戻そうというのがオフスキンケア。

取りすぎた皮脂を補おうと過剰にでていた皮脂が落ち着き、状態を良くしていきます。

それについてはこちらに書きましたので、よろしかったら読んでみてください。→「かずのすけの本を読んで オフスキンケア」

上の記事を書いたのは「間違いだらけの化粧品選び 自分史上最高の美肌づくり」一冊を読んだだけだった時だけれど、今、もう一冊を読んでみて、ダイレクトにかずのすけ氏がお勧めのものに買い換えようかな~と思っているところです。

と、すっかり信者みたいですが、自分の肌や使いココチ値段等を考えながら、取り入れていくつもりです。


それに長年化粧品を使い続けた身としては、多少の刺激があろうとも、多少の危険を冒してもこれから試してみたいモノもあり・・・アンチエイジング化粧品は効果が眉唾なもの多いってこともわかっているけど、捨てがたい、そんな女心も揺れ動く。

化粧品と女の付き合いは、一筋縄ではいかないのよw

また読んでいて、考えること気づくこと多々アリ。しばらくこの本のネタ続きます。

次回は「富士フィルムアスタリフトはやっぱりお勧め」です。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする