歳は一目でわかるもの きれいな50代と残念な50代がいるだけの現実

見た目年齢という言葉があるけれど、「何歳にみえるか?」と正直に答えてみると実年齢とたいして変わらない。

先入観のない子どもや、“老け”など考えたこともない20歳以下に聞くと、特にシビア~

ただし40歳以上の見かけは、ちびまるこちゃんの時代からは一律マイナス10歳、サザエさんの時代からは15歳は若く見える(だってサザエさん24歳!ふねさん48歳ですよ!)と思うけど。それだけ日本人全体の見かけ年齢は若くなったっていう(笑)

スポンサーリンク

目指すのは美魔女ではなく

どんなにきれいな人だって、例えば大地真央さんだって、光り輝く美しい50歳後半、くらいにみえると思う。(実際の60歳よりは若いけど、あれは神レベル)40歳には見えないわね。

見かけの美しい実年齢に見える人と、汚い実年齢に見える人がいるだけだと思う。

世代というか、大まかに5年単位くらいで、それぞれが醸し出す雰囲気というものがあり、肌がきれいだって、口角が上がっていたって、やっぱり実年齢なりの見かけだなと思う。

常々そう思ってはきたが、今日電車のなかの二人組の女性を見て、改めてそう思った次第。

たぶん同年代のお友達同士。

一人は若々しい張りのあるお肌でしわも表情じわくらい。

もう一方は顔中乾いたシワがいっぱい。

顔立ちの美人度は同程度。

残酷だけど、一方だけがきれいな印象。

別の意味で残酷だけど、やっぱり二人とも同年代の60歳くらいにみえる。

つまりは、元の美人度は関係なく、実年齢60歳では、見た目きれいな60歳と見た目残念な60歳が存在する。

そういうことだと思う。

こんな書き方で伝わるかしら?

もどかしい・・・

だから目指すところは、歳より若く見えたいではない。←ちょっとウソだろ(笑)

20年位前に版画家の山本容子さんを起用したコマーシャルで、

「美しい50代が増えるとこの国は変わる思う」とかというコピーがあった。

今、自分がその歳になってその意味がわかった。

だから、肌がきれいで表情も若々しくて、身体もたるんでいない、

そんな50歳にみえる50歳でいたいものだと思うのであった!

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク