使い道のなかったカビキラー 始末に困っていたけれど

浴室タイルにカビを見つけて買った「カビキラー」。一度使って、余ったまま放置。

現在は水回りリフォームし、カビからは解放されました。

残った「カビキラー」。リフォームが5年前なので、それ以上の期間放っておかれた!

カビキラー

だってコレどうやって捨てたらいいんですか?

排水溝に流すのは罪悪感。

「キツイ塩素系でしょ~環境に悪そうじゃんっ」て感じで5年間。

と、最近「漂白剤などに使われる次亜塩素ナトリウムは長く置かずに早く使え」と聞いた。

次亜塩素ナトリウムは安定が悪いから、時間とともに分解されてしまうそう。

なーんだ。じゃあもう無力化、弱体化していたのねっということで、めでたく本日排水溝に流しました。

少しは効果を期待して、排水溝がきれいになるかと思ったけど、匂いはあるのに大して変わった感じがしない・・・本当に無力化していたんですね。

一応換気して、流した後はいっぱい水も流しておきました。

もう一生買わないわ!カビ取り剤!気苦労を背負うことになるから。

買わずに済むと思います。

とりあえず現在の浴室なら大丈夫だ!
その理由はこちら→「掃除が楽になった浴室リフォーム」

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする