サプリメントとの付き合い方 コラーゲンは食品から摂る派だけど・・・

コラーゲンたっぷりの鶏の手羽元 最近よく使う食材です。

鶏肉って、骨や皮と一緒に料理すると、すごいですよねコラーゲン。

冷めた煮汁なんて、トロトロのゼリー状。これぞゼラチン効果ってかんじ。


大根と手羽元煮物

効果的なコラーゲンの取り入れ方には諸説ありますが、

美容や健康のためにサプリメントで摂取したいと考えると、健康情報に振り回されがち。

これはサプリメントを選ぶ際の運命みたいなもの?

スポンサーリンク

コラーゲンの効果的な取り方とは?

わりと最近までコラーゲンをサプリメントで飲んでも、効かないのだと言われていました。

まずなんであれ、栄養素をサプリメントで飲んでも、直接効かせたいところに届いて、定着するわけはありません。

たとえば、美肌のためのコラーゲンを飲んだところで、飲んだ物質がそのまま(効かせたい顔の)肌の構成物になるわけはない。

口に入れたものは、胃腸で消化され、新たな物質(体を構成するもの)となるのが自然の道理。

何かの種類のアミノ酸にはなるんだろうけど、必ずコラーゲン(アミノ酸の一種)になるとは限らない・・・

ところが最近の低分子化されたサプリメントなら、消化されずにコラーゲンとして吸収されるとか。

それを聞いてもまだ私には、「それがピンポイントに顔の肌に行くわけじゃないし」と思えるのですが。

最近ではさらに効くというコラーゲンサプリもでているようです。
実験結果で実証されている、と。

なんであろうと悪いものを摂るわけではないし、割合は低いにしろ、狙った物質の原料を供給するわけだからサプリメントを飲んで悪いことはない・・・と思います。

とりあえず効いてる気がする消費者をおいて、コラーゲンサプリが効く効かない論はこれからも二転三転するでしょう。




とりあえずは食生活で心がけ・・・

コラーゲンサプリは定着するのか、いつのまにか消えるのか・・・

イヤ今も十分売れていると思うけれど、今後さらに進化していくのは間違いない、でしょう。

そんななかで、とりあえず今はまだ、サプリメントに頼るより、食品から摂る方式でいいかと思っています。

サプリメントは忙しい人には便利なものだと思いますけどね。

今のところは、コラーゲンが多く含まれるといわれる鶏の手羽元やらをせっせと食べる。

もちろんこれこそ消化されて、コラーゲンになるわけでも、ピンポイントで美肌に効くわけでも無い。

けど、やっぱりそこは都合よく「気持ちから」ってことで。
「どうせ食べるなら」っていう程度の気持ちです。

ちなみに写真の手羽元の煮物。煮汁を鍋に残しておくと、翌朝しっかりジェリー状に固まっています。

それを家族のいない台所で、ひとり呑み込む・・・怖い図(笑)

だって~もったいないじゃん。コラーゲン!

老化対策のサプリメントはまた違う?

実はここからが本音(笑)

コラーゲン、肌のためと書きましたが、最近は指の関節痛のため、やっぱり気になるコラーゲン。

健康のため、特に老化防止のためとなると、サプリメントに輝きが増す・・・ような。

もう自分の身体が作り出すだけでは足りないんじゃないか?そんな気弱な50代。

歳をとるほど、気になるサプリメント業界。なんかいっぱいコマーシャルやっているし、イチョウ葉エキスなんてのは食品からは摂れないでしょう・・・

コエンザイムって50歳だと20歳の半分だっていうし・・・

この記事の前半を吹き飛ばす老いへの不安?

広告の文句も上手すぎっ そそりすぎ(笑)

なんだか手を伸ばしたくなる微妙なお年頃ですかね。

そうやってハマっていくのだろうなという予感。

業界が儲かるわけだよね~

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする