掃除が楽になった浴室リフォーム

一昨日のキッチンリフォーム「歳をとると引き出し型は使いにくい」の続きで浴室についても、書いてみます。

浴室リフォームは良いことづくめだったように思います。

丸ごと快適な浴室リフォーム

マンションの浴室リフォームは、空間ごと入れ替える感じ。

つるっとしたプラスチックの箱を入れて、職人さんが中の造作をはめ込む、みたいな感じで一日で終わりました。

最近の浴室設備に使われるパネルは、保温性が高く、タイルのように冬ヒンヤリしないのがいいと思います。魔法瓶タイプの浴槽は驚くほど冷めにくく、家族が入り終わるまで時間をあけても(3時間くらい)、冷めません。真冬でもだいたい大丈夫。

カラリ床も本当に水はけがいい!

5年ほど使っていますが、浴室・トイレについては、何ひとつ文句はありません。

・・・と高望みしない人間は、なんでもポジティヴなんです・・バカなのか?

マンションの水回りパック。浴室・洗面所・トイレ・キッチンで200万円くらい。

値段的には中くらいかなという印象。
グレードを上げれば、いくらでも良くはなるのでしょうが、我が家は転勤のために住んでいる仮の住まいですので(といっても定年までは住む!)。

グレードを上げるとしたら、浴室の換気扇を24時間回しっぱなしを前提としたものにしたかったかな・・・

現在は使った後の夜通し換気扇つけっぱなし。8~10時間は回しています。それを朝、消すのを忘れてしばしば24時間以上・・・早めに壊れても文句はいえません(笑)

一番は掃除のしやすさ

風呂に入るのも快適ですが、一番良かったと思うのは掃除が楽だということ。

ツルツルのパネルは使った後ざっとシャワーをかけまわすことで、湯垢が落ちます。

あとは防カビ対策のため、浴槽にきっちり蓋をし、朝まで換気扇のつけっぱなし。乾燥していればカビは生えません(きっぱり!)

朝、洗濯に残り湯を使い、空っぽに流した後に掃除。

バスマジックリンで風呂掃除  バス洗いスポンジ

だいたい一日おきに、
洗剤の要らないスポンジで、全体をざっと一通りこすり洗いをしシャワーで流す
バスマジックリンを吹き付け、30秒後にシャワーで流す

所要時間3分です。

物理(摩擦)と化学(洗剤)を交互に繰り返し、どちらの良い点も採用するのが、わたしのポイント(笑)

気が向けば念入り掃除で、洗剤+柄付きブラシで磨きます。洗剤を触りたくないのは、手が荒れるから。

歯ブラシを捨てる前のタイミングで、細かいところの掃除。歯ブラシは一か月で交換するので、家族三人分タイムラグで、だいたい二週間に1回くらいで捨てるタイミングがきます。
ちょうど掃除気分のスイッチが入った時が交換どき。そんなペース。

最新設備は手間も洗剤も少なくて済む

洗剤も労力もあまり使わないですんでいるのは、ひとえに設備の素材がいいからだと思います。

浴室設備の素材の良さは、風呂用椅子や洗面器といった小物との比較でよくわかります。
洗面器なんか、同じ要領で洗うだけではダメ。すぐに湯垢がたまってざらっとしてくる(苦笑)。あとシャンプー容器の底なんかもときどきはこすり洗いをしないとね。

あと掃除道具の優秀さ。

洗剤要らずのスポンジなんか、もっとたくさんの人が使ってくれたらいいのにと思います。

洗剤の使い過ぎは、環境負荷が高いですから、特にハイターなどの強いものは、ほかの人にも大量には使って欲しくないなぁと思っています。

排水管のつまりに「パイプフィニッシュを一本!」なんて、使っている話を聞くと溜息がでます。

カビも防止のために、カビ取りハイターをガンガン振りまくとか・・・

換気に気を配れば、カビは生えないって・・・過剰予防は洗剤の無駄使いで、自分の体にもよくないって・・・思っています。

わたし自身も頑なな「化学洗剤ノー」なんて気持ちはさらさらありません。

最近の洗剤は環境負荷の少ないものが多く、頼もしく思っています。だから石けんよりもむしろ合成洗剤派。

一方で流行りの「重曹+クエン酸」ついでに「セスキ?」も適当に織り交ぜ、あんまり強くない洗剤を適度に使う。それが精神衛生上もよろしいかと思っております!

どちらにしても、初期投資が多少かかっても、リフォーム時に汚れのつきにくい素材のものを選ぶと、いろんな意味で気持ちよく過ごせると思います。

時間のあるなし、体力のあるなしにかかわらず、風呂掃除なんかにあんまり労力はかけたくないですよね。(もちろん掃除が趣味の方は、思う存分かけてください!)

新しいもので楽できるものは、機会があるときに取り入れる。これに尽きると思います!

キッチン→浴室ときたので、明日はトイレのリフォームはこちら→「トイレリフォームは水道代の節約に効果絶大」(だったけれど、一つだけ困ったことがありましたというオチ付き)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする