おしゃれ鍋ル・クルーゼ 買う前にご一考を!

料理好き、もしくは流行りもの好きなら持っているル・クルーゼの鍋。

それと並ぶストウブ、或いはバーミキュラ

鋳物の重ーい鍋でなければ作れない料理もあります。

我が家のごちそう料理ブーランジェール風(←ル・クルーゼのレシピページにリンク)や定番のラタトウユなんてル・クルーゼがあるからつくる料理。

オーブンに直接入れられるし、重い鍋ゆえの熱伝導率の良さからできる料理っていうのもあります。ホーローだからフルーツを煮るにもいいし、持ってるだけで気分は上がる・・・と、その良さを語りだしたら止まらない!

しかし

最近はちょっと出番が減ってきました。

なぜなら・・・重いから。

おしゃれな鋳物 使える期間は意外に短い⁈

春ごろから手の指が痛くなって病院にいったら、変形関節症だったという話は以前書きましたが、そんな私には鍋が重くてかないません。

早い人では40代、50歳くらいからは指の関節の軟骨がすり減ってなる人が多いという変形関節症。今大丈夫でも、結構でてきます、意外に早くから・・・老化です。

老化って嫌なことばだけど、歳はみんなとるのだから仕方ない。

本当のおばあさんになったら重い鍋なんてもてなくなるというイメージは簡単につくと思います。でも、余裕の50代でも、重い鋳物の鍋は辛くなるもんですよ。

余裕というのは、ある程度時間もあって時間のかかるお料理なんかができる余裕っていう意味。そんなときこそル・クルーゼの出番!

と思いきや、重いから収納は下の棚。するとかがんで取り出すのもおっくう。調理中はいいけれど、洗うのもまた重くて大変。洗い物籠の中でも扱いに大変。

取っ手を直接持てないのも、若い時なら苦にならなくとも、ちょっとの衰えでそれがすごくやっかいに感じます。

だから、鋳物のおしゃれ鍋。買うんだったら30代か40代の前半かな?

じっくり料理ができる頃に買おうと思っていると、使う期間が短くなってしまいますよ。

「結構高いものだけど、一生ものだし~」と思う対象だと思うけれど、鍋はきれいでも人間は使えなくなる日がくるって・・・それも意外に早く・・・

というわけで、欲しかったら早めに買った方がいいです。使いではある。
わたしは今のところ、頑張って使っています。この鍋でないと作れない料理もありますから・・・(←ここ強調)

重いもの収納

この重たい鍋の収納についても一言→明日「そのリフォーム大丈夫?歳をとると使いにくい引き出し型システムキッチン」に続きます!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする